光ピンセットが書き換える量子力学

Optical Tweezer(光ピンセット)と呼ばれる微小粒子を操作ができる集束レーザービームは、1970年にアーサーアシュキンによって考案され、その仕事でアシュキンは2018年ノーベル物理学賞を受賞した。しかしそれでも光ピンセットの真の意味は一般にはよく知られていない。光ピンセットは粒子操作ツールだけではなく、量子力学の理解を深め、原子を構成する粒子の観点から自然を説明する理論としての意味を持つからである。

続きを読む...

電磁波に起因する癌発生について〜米国国家毒性プログラム(NTP)報告書

NIHの米国国家毒性プログラム(NTP)が発表した報告書によると、2Gおよび3G携帯電話で使用されるような高レベルのラジオ周波数電磁波(RF)に曝露された雄ラットが癌性心臓腫瘍を発症した。

続きを読む...

長期間のオゾン暴露による健康被害〜高原治療は逆効果?

デューク大学(米国)とヨーク大学(英国)の研究チームによる新しい研究では、世界の3つの主要地域における長期オゾン曝露による健康負担を定量化するために、長期オゾン曝露と以前に報告された疫学的結果を推定する新しい方法を利用した。

続きを読む...

電気化学的に成長制御した電磁シールド用Bi薄膜

電磁気の影響は電子回路に致命的な損傷を与えるため、電磁シールドへの関心が高まっている。太陽フレアなどの電磁放射や自然界および人工起源の磁場が対象となる。EMPのようなたとえ短い電磁パルスであっても、動作中の機器は瞬時に壊滅的な打撃を受ける。

続きを読む...

ゼオライト中の銀クラスターの強い発光メカニズム

ゼオライト中に捕捉された銀原子のクラスターなどが多孔質材料にトラップされた場合に、顕強い発光特性を有する。それらは、LEDおよびTLランプの代替物として、より効率的な照明用途に使用することができるが、

最近まで、これらの小さな粒子がどのように、なぜそれらがなぜ光を放射するのかメカニズムは知られていなかった。

続きを読む...

塩素とUV光による都市排水の再利用

パーデユー大学の研究チームは、塩素と紫外線で水を無害化する方法を開発した。飲料水不足や健康被害をもたらす汚染水の地域で、廃水の再利用が可能になると期待されている。

続きを読む...

X線で投与制御する薬剤ナノバブル(リポソーム)

リポソームは生体中のナノバブルである。薬剤をカプセル化するために薬理学で一般に使用されている。薬物を充填したナノバブル外壁をX線によって破壊し局所的な投与を行う新しい治療法が提案され、初期の試験では、この技術が腸癌細胞を死滅させるのに非常に効率的であることが示されている(Deng et al., Nature Comm. 9:2713, 2018

続きを読む...

福島第一汚染水の行方

日本の東京電力ホールディングスの福島第一原子力発電所では、汚染された水などの貯蔵タンクの数が増加し続けており、さらに多くのタンクのスペースが限界に近づいている。未解決の課題のなかで重要なものは、処理水の処置やトリチウム水を取り除く方法がまだ決まっていないということである。政府と東京電力は、トリチウム水の処分について早急に決断をせまられている。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.