ローコストキャリアー(LCC)とデフレ

 デフレ脱却の言葉が叫ばれて久しい。しかし決定的な経済政策のないまま気がつけばいたるところにデフレ現象がちらつく。LCCという言葉が最近話題になっている。ANAが2010年6月末にLCC設立をアナウンスし、JALでも設立の検討を2010年8月末に発表した。2000年の911テロ以降、航空機利用者の激減・原油価格高騰など様々な悪影響により全世界的に航空産業の縮小および淘汰が始まったが、LCCは着実に収益を上げている。

続きを読む...

早すぎるITパラダイムシフトーDell Computerの繁栄と崩壊

 2013年のSamsungの年間売上高は前年比13.6%増の228兆4200億ウォン(約22兆3千億円)、営業利益が同26.6%増の36兆7700億ウォン(約3兆6千億円)だった。いずれも史上最高額だが売り上げの80%をほとんどスマホで稼ぎだし韓国GDPを背負っている。しかし先進国でのスマホ売り上げやそれを支えるSNSは頭打ちで見通しは暗い。ITの発展が急速である反面、パラダイムシフトも早い。ここではすでに死語となったPCのかつての覇者Dell にスポットライトをあてる。

続きを読む...

放射光って何?

 放射光(Synchrotron Radiation)は光速に近い速度で運動する電子や陽電子が磁場の力で曲げられたときに、軌道接線方向に放出される光である。宇宙空間を除けば、放射光は人間が創り出した人工の光である。

続きを読む...

Made in Taiwan PC

 タブレットやスマホが全盛のいまPCを新しく購入したという人が周囲にいなくなった。量販店に行くとPCコーナーが縮小の一途をたどっている。TVでCMをみることはほとんどない。そんななかで台湾メーカーのPCを目にする機会が増えてきている。実情を探ってみた。

続きを読む...

バンアレン帯

 バンアレン帯は、惑星の磁界によって地球に固定される、活性荷電粒子(プラズマ)で2層からなる。バンレン帯は地域によって放射能レベルが異なり、内側は2,000-5,000km、外側は10,000-20,000km上に存在している。ちなみにNASAの宇宙空間の定義は100kmである。

続きを読む...

量子ビームとは?

 最近、量子ビームという言葉を耳にする。文部科学省の定義では「量子とは、とても小さな物質の単位のことです。」とある。物質の単位、という表現には素粒子を含めれば納得できないことはないが、量子ビームでフォトンもニュトリノも一緒に扱う、という「わかりやすい」表現には円周率が3ですというのと同じくらい、とまどいを覚える。経験のある教師が、新しい新指導要領はこうなんですよ、といわれて考え込むのと同じである。

続きを読む...

Blu-ray Discに未来はあるか

 近年のIT技術、電子技術の急速な発展による情報量の増大は「情報の爆発、Information Explosin」と呼ばれる。周囲の電子機器をみてみれば1TBのHDD、2GBメモリ、16GBのUSBメモリなどがざらにある。昔懐かしいフロッピーデイスクは姿を消して久しいが、後をついだCDすらみなくなった。さらにソフトのインストールや映画の記録媒体のDVD、その改良版のBlu-rayすら目立たない存在になった。高画質番組の録画機能を持ったBlu-rayレコーダーはかつて量販店の花形でありったが、低コスト化と値崩れでいまでは手の届く製品であり、魅力的な製品とはいえない。Blu-rayが何故、ビデオテープのベータと同じ運命をたどったのか探ってみる。

続きを読む...

太陽電池パネル

 AREVAはフランスの原発会社で有名である。今年の電子年賀状は動画が埋め込まれており再生すると驚いた事にエネルギー企業なのにさわやかな風力発電のイメージでつくられている。まさか原発から風力発電で置き換える転換をはかる方針ではないのだろうがクリーンなイメージではある。同じくクリーンな自然再生エネルギーとして家庭向けには太陽電池パネルがある。新しい住宅の屋根をみるとかつての太陽熱温水パネルに変わって目立つようになった。太陽電池パネルの実情を探る事にした。

続きを読む...

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.