多機能はPC同様に時代遅れなのかー中国市場にみる兆し

 日本の携帯メーカーがまだ国外市場に期待を持っていた頃、中国の携帯事情についての記事が新聞、雑誌の紙面を賑わしていた。それらの多くは「中国人は最新鋭、高性能端末に興味があるので、国内メーカーは高機能機種を売り込まなければならないだろう」といった、当時は快進撃を続けていた国内メーカーへの警告であった。しかし自社のポリシーを国外市場に適用しようとした国内各社の展示会ブースはやがて閑古鳥が鳴いた。また国内市場でも海外で使用できるGSM携帯に注意を払わなかったために、SamsungやNokiaに対して予想外に苦戦した。いちはやくネット接続の威力をみせつけたのは、iphoneではなく、国内キャリアであったはずだが、その後のスマホの進出は国内メーカーの判断ミスで敗北を喫することになる。

 

 当時、筆者は近くにいる若い中国人研究者から、中国のネット事情をききだした。彼のいうには

* 中国ではPCを個人で所有している家庭はいまだに少ない、一般家庭のネット環境は極めて悪い
* 中国では離れて暮らす家族同士が連絡にネットを頻繁に使う(主にP2PかSkype、P2Pは日本では違法)
* 留学生を持つ家庭ではでSkypeで毎日、息子や娘と連絡をとる

(注)iphoneは金持ちの象徴、特にGoldはステータスシンボルで庶民は手に入らない。大抵は安く($50~5000円程度)買える端末を持つ。

 

 これは当時としては大変、衝撃的なことであった。というのもPCで使うのが一般的と思い込んでいた我々だったが、Skypeを中国では、早くから携帯(スマホにあらず)で使えるサービスをキャリアが展開していたのである。それなら少なくとも家庭ではPCは出番がない。

 彼らはレストランだろうと周囲にかまわず頻繁に連絡を取り合う。低所得層でも遠距離に住む家族間の情報交換がこのせいで意外に密である。どうやら中国の携帯(スマホ)はメッセージアプリが中心のようだ。家族や友人とのコミュニケーション機器の機能が満足されていれば、ゲームやお財布機能など、その他の機能はどうでもよいらしい。

 下に示すSony-Ericson端末は国内でも一時、かなりの人気であった。(かつてSonyに興味を示したSteve JobsもFacetimeを開発する際に参考にしたのだろう。)とにかくガラケーではSkypeはできないことはない。ちゃんとアプリをダウンロードして、パケット契約すればガラケーでSkypeが可能になるのだ。

 

 

Video Call

 

 スマホ販売ランキングは以下のようにandroidとiOSがしのぎを削っているが、端末を絞り込み高級品に特化したappleがじりじり韓国メーカーに水をあけられている。中国でもSamsungの看板はいたるところにあるのだが、学生の多くはもっと安い中国メーカーの機種で満足している。

 中国の携帯ユーザーの多くはメッセージアプリに興味があるということは、携帯に多機能でなく、情報端末としての単一機能を期待する、というごく自然な態度である。もしかしたら多機能に利益性をみいだそうとするのは時代遅れなのかも知れない。情報端末本来の機能を充実させ、後はコストを下げて通信環境を良くする、ことがキャリアに求められているのではないか。それが中国市場の動向ならばもっともな動きである。多彩なアプリで多機能性を担わせるiphoneはかつてのPCを彷彿とさせるものがある。そのコンセプトがもしかしたら時代遅れになってきたかも知れない、と思うのは筆者だけだろうか。膨大なアプリの中から使いたいものはごくわずかではないのか。

galaxys2chart1

 

 

 日本の携帯ビジネスはガラパゴスと形容されるが、学んだ物は何かを明らかにするために、最近の展開をあえて整理すると以下のようになる。


* 日本ではキャリア主導で端末メーカーを規制して来た(ガラパゴス携帯に陥った原因)
* 特殊な機能をキャリアと端末メーカーが押し売りして来た(技術先導の落とし穴)

* 一言で言うと「企業は顧客の要求に答えなくてはならない」基本ルールが無視された

 これが日本の携帯が国外で売れなかった理由である。製品の魅力にはデザイン、コストは重要な因子だが、それよりもiphoneのように一歩先んじたコンセプトを示すことが重要だった。携帯はPCのように多機能電子機器ではなく情報サービスとみなければなかったのだ。

 この分野での我が国の経営者の問題は、自社が技術が高いと信じて技術先導型のビジネスモデルにしがみついてきたことである。

 「高い技術をもつ企業の製品をユーザーは買うに決まっている」と考える経営者がいる限り、そういう企業に未来はないのである。技術が高ければ売れる時代はとっくに終わっているからだ。

 

(フォローアップ6.18.2014)

 中国にも弱点はある。それはSkypeは使えても動画サイトやSNSに規制がかかりネットは自由ではないので、YoutubeやFacebookは誰でもアクセスしたいのに、それができない。以下にYoutubeの規制マップを示す。意外に規制が行われているのだが、若い学生はちゃっかり規制を越えているのだ。そうした若者に思想統一をはかろうとしても無駄である。色々な問題を抱えた中国だが、いったん規制を越えて外の自由を味わうと戻れなくなるだろう。

 

YouTube world map

You have no rights to post comments

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.