半導体産業にみるゆでガエル—再生はあるのか

 国内の半導体ビジネスが衰退したのは先取り感の欠如した時代遅れの意思決定にあるといわれる。しかしそれだけなら幹部をすげ替えればよいだけだから、もっと体質的な問題があると考えるべきだろう。それは技術者をはじめ誰でも信じて疑わない「技術神話」崇拝にあるのではないか。技術が高ければ売れるというのは間違いだ。


 国内市場(パイ)が大きく、横並びでも各社のファン層がいてなんとか生き残れたが電子機器がコモデテイ化すればユーザーは1円でも安い製品を求める。SONYの失墜に代表されるように、共通意識意思決定に技術者のこだわり、いいかえると日本流の高級指向が垣間見える。顧客ニーズを無視した技術中心になっていたのだ。確かに技術は一見無駄と思えるものでも他分野では有用であったり、数世代後には重要であったりするため、一概に無駄とは言い切れないが、製品に関してはオーバースペックによるコストアップは命取りだ。また製品化までの時間短縮が鍵となる現在では、自社の部材にこだわらず催促、最安値で組上げなくてはならなかった。コモデテイの象徴はご存知ガラケーと呼ばれる国産メーカーの携帯電話機である(写真)。


6152003195 cb67bfd353 b

 国内の半導体が世界から取り残された最大の原因は高品質・高性能・高付加価値に特化し、オーバースペックになってしまい、また顧客ニーズを無視して生産してきたからだ。今日では社会の至る所に半導体部品は使われている。人命に直接かかわる製品(交通・輸送、軍事など)についてはハイスペック製品は必要だが、システム製品は性能の一番低い部分が律則することになるので、その他の部品がハイスペックでも意味がない。また、最近のPCはシステム・アプリケーションソフトウェアの多機能化、外部機器接続端子の規格化などにより、必ずしもハイスペックである必要がない。

 不良品を少なくし歩留りを上げるためにプロセスが増えコスト増を招いているが、一般に日本のメーカーのプロセス数は新興メーカーのそれより多い。このことが直接的にコスト高に結びついている。DRAMの価格が急激に下がったのも、旧世代の生産設備で東南アジアで生産されたからで、最先端装置を取り入れたがる日本の生産技術の方針は考え直さないといけない。これまで半導体製造装置は日本製が席巻していたが(特に、露光装置はNikon, Canonで70%あったシェアが最近ではASMLが急速にシェアを延ばしている)、近年では日本製以外の装置シェアが延びてきており、日本の半導体産業の衰退が製造装置からも見て取れる。日の丸半導体の代表はCMOS(写真)。国策で集められた企業連合はいまならさしずめSamsungだ。
KL NEC uPD780C

 Intelは近年、高性能CPUの開発だけではなく、スペックダウンした廉価版CPUを開発することで低価格モバイルPCへの市場を開拓するなどによりシェアを更に延ばしてきている。モバイルでの仕様用途についての市場調査(高度な演算処理を必要とせず、バッテリーの小型・軽量化でも長時間使用に耐えうるなど)からATOMプロセッサーが開発され、低価格パソコン(ネットブック)の普及に貢献している。外出先ではメール、ネットや資料の修正程度のためハイスペックなプロセッサーは必要としないため、必要最小限にしたのが功を奏している。オーバースペックによる弊害は価格だけでなく、プロセッサーが壊れた場合、メモリーが壊れていなくとも使えなくなるし、反対にメモリーが先に壊れた場合もPCとして機能しない。

 国民性を説明するジョークで、船上火災になったとき乗客を海に飛び込ませるために船長はアメリカ人には「ヒーローになれます」、フランス人には「飛び込まないでください」、ドイツ人には「規則です」・・・日本人には「皆様そうされています」という話がある。
 半導体においても生産方針は他社製品があるから、というメーカーの経営判断力の欠如が顕著である。意思決定には何を切るか、それによって何を残せるか、という真剣さが必要だが、80年代の勝利でぬるま湯に浸かってしまった。ぬるま湯からゆでガエルになった国内市場を立て直すのは我々自身の考え方次第だと思う。写真は有名なゆでガエルの製造方法。

BoiledFrog


 

You have no rights to post comments

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.