瞬間写真撮影で明らかにされたイオン風のメカニズム

イオン風の研究の歴史は以外と古い。高圧を印加した電極で空気放電を起こした際に、空気の成分である気体分子がイオン化して電荷を持つと負極に引き寄せられ中性分子と衝突する。このイオン流(イオン風)の正体とメカニズムは簡単そうでありながら、長い間謎に包まれていた。

続きを読む...

現実的になるテラヘルツ帯Wi-Fiネットワーク

ブラウン大学の研究チームはテラヘルツ帯のデータ通信パケットが部屋の中を減衰(データ損失)しないで反射を繰り返すことを明らかにした。このことからテラヘルツ帯を用いたワイアレス通信ネットワークの可能性が強まった。

続きを読む...

2Dカルコゲナイドでトリオン検証に成功したMAESTRO

単原子層の作る2D面の特異な物性を解明を目指して、ALS放射光MAESTRO実験で2Dカルコゲナイド(WS2)の電子状態が詳しく調べられた。MAESTROとはMicroscopic and Electronic Structure Observatoryの略で、ARPES計測系を中心としたALSのビームラインに設置されている。MAESTROとは交響楽団の指揮者のことであり。このビームラインでは複数の楽器に見立てた計測系を組み合わせて得られる、多角的な情報をシンフォニーに例えたのだろう。

続きを読む...

放射線治療の後遺症(難聴)にHGF発現とc-Met活性化が関与

放射線治療は癌細胞のみを死滅させるとされるが、実際には個人差により異なる様々な副作用が存在することは事実で、多くの患者が治療後の後遺症に悩んでいる。つまり放射線治療は正常な細胞にも少なからぬ損傷を与える。後遺症をなくすための研究で腫瘍の増殖に関与する分子経路が明らかにされた。

続きを読む...

水爆の放射性廃棄物で新たな太平洋の核汚染リスク

太平洋の放射能汚染といえば福島第一の汚染水排出と思われがちだが、すでに忘れ去られようとしていた水爆実験の放射性物質を閉じ込めたはずのコンクリートドームが水没し、放射能漏れを引き起こしている。

続きを読む...

高効率水分解触媒NiFeナノフォーム

水素は再生可能エネルギーを貯蔵するのに最適であるが、鍵となる水素製造コストが高いことが本格普及の壁となっている。また水素製造過程を含めてゼロエミッションとするには、再生可能エネルギーを水素に変換することが重要である。一方、水分解による水素製造は小型水素製造ステーションで分散型の水素製造が可能となる。この場合は水素輸送インフラの必要がない。

続きを読む...

LHCがオデロンの検証に成功か

TOTEMコラボレーション(国際共同研究チーム)はパワーアップ後に13TeVというエネルギーフロンテイアをさらに切り開いたLHCはオデロン(Odderon)と呼ばれる新しい準粒子の検証に取り組んでいる。

続きを読む...

地球磁気圏シースに巨大な電磁流体乱流

最近の研究で太陽風と地球を守る磁気バブルの境界(地球磁気圏シース)の電磁流体乱流で運ばれ散逸するエネルギースケールが極めて大きく、乱流のエネルギースケールは太陽風の数100倍にも達することがあることが明らかになった(Hadid et al., Phys. Rev. Lett. 120, 055102, 2018)。

地球を含む太陽系の惑星は高エネルギー荷電粒子の太陽風に晒されている。太陽風をまともに受けながら、地上の生命体がその影響をほとんど受けないのは地球磁気圏のおかげである。しかし地球磁場と太陽風の相互作用でが形成される境界領域(地球磁気圏シース)では、地上からは想像もできない電磁流体乱流が荒れ狂う。

続きを読む...

オペランド計測で明らかになったCO2還元のメカニズム

地球の環境保護の観点からみて、理想的なエネルギー源となる燃料電池の課題は水素インフラ(水素製造と輸送)整備とされている。一方、水素がインフラが整えば、CO2を還元して化学製品の原料や燃料に転換する水素の第2の使い道がある。再生可能エネルギーを水素に転換すれば電力もCO2削減も同時に可能になる。

続きを読む...

ポストLHCを目指す加速器たち〜これから何を狙うか、何をすべきか

ハドロンコライダーLHCは世界最大の加速器である。世界最高の先端技術を集めた加速器が欧州にあり、国境を越えて粒子が飛び交う加速器は、いわば欧州統一を目指すEUの象徴であり、科学技術の求心力として働いている。日本の研究所の常識をはるかに越える規模で、LHCの広報・教育が徹底している。大人はもちろんLHCを知らない中高生はいないほどである。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.