日本人が開発リードする最先端がん治療、日本で承認されぬ矛盾

アメリカ帰りの外科医が大学病院に最先端の手術支援ロボット「ダーウィン」を持ち込んだ。このロボットを使えば「医者の手」ではできない超精密な作業が可能になり、今まで手術できなかった病巣を取り除くことができる。

 しかし、アメリカ政府はそのロボットを使う承認を出しているのに対し、日本の厚生労働省は認めていない。だから、日本の医療現場では一般に利用することはできない。

 歯がゆい思いを抱える患者たちの前に「治験コーディネーター」が現れる。彼女が提案する「治験」という方法を使えば、認可されていないロボットでも手術が可能だという。

 今年4月クールで放送され、トップの視聴率を記録した医療ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)には、そんなストーリーが登場する。孤高の天才外科医役の嵐の二宮和也(35才)が主演で、治験コーディネーターを加藤綾子(33才)が演じた。

 このドラマの原作は、作家・海堂尊氏の同名小説だ。現実の医療界の光と闇をテーマにした作品で知られる海堂氏だけに、ドラマで描かれた話は現実からそう遠くない。

 夫を肺がんで亡くした妻(55才)が語る。

「末期の肺がんに効くとされる最新治療薬が日本で承認されました。もしもう1年早かったら、夫は助かったかもしれないと思うと…」

 乳がんを治療中の女性(42才)はこう語る。

「がんがわかってから本やネットで必死に情報収集して、アメリカで効果的な治療法が発見されたとのニュースを目にしました。自分もぜひ試してみたいと主治医に相談したら、『日本では認可されていないので』と断られました。効果がありそうな治療法なのであきらめられません」

 がんは人類にとって“最大の敵”だ。世界では1年に1400万人以上ががんと診断され、900万人弱が命を落とす。それゆえ、世界中の医療機関が躍起になってがん治療の研究を進め、日進月歩で進化している。

 もともと、がんの治療は、手術などの「外科療法」、放射線でがん細胞を破壊する「放射線療法」、抗がん剤を投与する「化学療法」の3大療法が柱だった。最近はそこに、人間が生まれながら持つ免疫力を利用してがんを退治する「免疫療法」が加わり、治療の可能性が飛躍的に拡大した。

 現在、最も期待されている最先端治療の1つが、免疫療法の一種である「キメラ抗原受容体T細胞療法」(通称、CAR-T療法)だ。

 体内に生じた異物を攻撃する免疫細胞である「キラーT細胞」の遺伝子を操作し、体内に潜むがん細胞を見つけやすくしたうえで、免疫細胞とがん細胞を戦わせる治療法だ。

 

NEWSポストセブン

ギザのピラミッドに電磁エネルギー収束機能

エジプト、ギザ地区のピラミッドには多くの謎が残されているが、それらが最新の技術で解明が進められている。国際的な研究チームは大ピラミッドの電波に対する電磁応答を調べる研究を行った。

続きを読む...

分子に覆われたナノ粒子の高分解能STMイメージング

フィンランドのユヴァスキュラ大学の研究チームの研究により、走査型トンネリング顕微鏡(STM)を使用することにより、表面を保護する分子を認識できる、銀などの金属ナノ粒子の分子で覆われた表面構造の高い解像度の画像化が可能になった。

続きを読む...

暗黒物質研究のダークホースDarkSide-50

宇宙の26%を構成する暗黒物質の研究に関わっている研究所や研究チームはいくつかあり、巨大な加速器からシンチレータ検出器プールまでがこの「見えない物質」の正体をみいだすため精力的な研究に余念がない。それらのなかでもイタリアのアペニン山脈の地下で、複雑な検出器システムが宇宙の暗黒物質を探求している。この計測システムはDarkSide-50とよばれるプロジェクトに基づいている。

続きを読む...

触媒研究におけるX線吸収分光の新展開

国際研究チームによるBESSY II放射光を光源としたX線吸収分光による触媒研究が新しい展開を見せている。研究チームは遷移金属の電子状態をX線吸収分光で調べ、触媒効果について新しい知見を得ることに成功した。これらの結果は、新しい遷移金属触媒の開発に役立つと期待されている(Kubin et al., Chem. Science online July 19, 2018)。

続きを読む...

電子顕微鏡によるナノスケール液体の高分解能可視化

シカゴのイリノイ大学研究チームが開発した新しい顕微鏡技術で、従来の透過型電子顕微鏡よりも約10倍高分解能で、ナノスケールの液体を視観察が可能になった。

続きを読む...

質量分析器が明らかにする文書偽造

グラスゴー大学の研究チームは、偽造された原稿を確定するための質量分析技術を開発した。ロバート・バーンズは影響力のあるスコットランドの詩人であり、彼の書いた詩が世界中の大晦日に伝統的に歌われている歌「Auld Ang Syne」となったことで、母国外で最もよく知られている。バーンズは1759年から1796年にかけて詩や歌などを紙に書いた後、写本となった。

続きを読む...

X線偏光測定が明らかにする白鳥座X-1連星系ブラックホール

白鳥座X-1連星系(Cygnus X-1)のブラックホールは最近の偏光測定で、降着流の内側の部分に長いコロナの知見が得られるなど、ブラックホールの解明に向けて研究が加速している。

続きを読む...

がん治療にアルファ線…医療用放射性物質、研究進む

私たちの周囲には、天然の放射性物質が数多くあり、全ての生き物は日常的に放射線を受けている。放射線は大量に浴びると有害だが、上手に使えば、がんなどの病気を発見したり、治療したりするための、強力な道具になる。最先端の研究現場を訪ねた。(出水翔太朗)

的確に標的へ

 放射線には様々な種類がある。従来、がんの治療に使われてきたのは、物質を貫く力が大きい「ベータ線」だった。がん細胞は確かに死ぬが、周囲の健康な細胞にも同じ影響がある。

 そこで近年、注目を集めるのは「アルファ線」だ。アルファ線は物質を通り抜ける力が非常に弱く、紙1枚でも止められる一方、止まる際に大きなエネルギーを出す。

 「アルファ線を出す放射性物質をがん細胞まで誘導すれば、健康な細胞への悪影響を避けられる」と、放射線医学総合研究所(千葉市)の永津弘太郎・研究統括は話す。永津さんらは加速器を用いてヘリウムイオンを金属元素「ビスマス」にぶつけ、アルファ線を出す物質「アスタチン211」を作っている。

 研究のポイントは、アスタチン211を的確にがん細胞に届ける工夫だ。永津さんらは、がん細胞の表面に現れるたんぱく質にくっつく「抗体」に着目。抗体をアスタチン211と結びつけて、放射性医薬の候補を作り出した。薬が自分でがん細胞を見つけ出す仕組みだ。動物実験では、転移した胃がんが縮小、消滅する効果が確認できたという。

 アルファ線による治療は、欧米を中心に盛んに研究されている。日本でも、骨に転移した前立腺がんの治療薬が使われている。

 永津さんは現在、より多くのアルファ線を出せる放射性物質の作製に取り組む。「放射性医薬による治療の効果は大きく、今後も発展するだろう」と話す。

国産化目指す

 医療に欠かせないのに、供給不足に悩まされてきた放射性物質がある。心臓機能などの検査に使われる「テクネチウム99m」だ。国内で最も使われる、医療用の放射性物質だ。原料は同様に放射性物質の「モリブデン99」。半減期が約66時間のため長期保存できない。

 モリブデン99はすべて、外国の原子炉で作られている。原子炉設備や輸送に問題が生じるたびに品薄になり、今年も供給が制限される事態が相次いでいる。日本原子力研究開発機構の研究炉で生産する構想もあったが、この炉は廃炉が決まっている。

 量子科学技術研究開発機構の永井泰樹研究員(原子核物理)らの研究グループは、原子炉ではなく加速器を使い、国産でモリブデン99を生産するための研究を重ねている。資金があれば国産化できるところまでこぎつけた。永井研究員は「供給不足が起こると分かっていながら、海外頼みのままでいいのか。国産化に向けた具体策を真剣に考える時期が来ている」と主張する。

 

yomiDr.

米国の新電子-イオン衝突型加速器EICが始動

やはり米国にとってSSC計画の挫折でトンネルを埋めた過去は、それ以降の高エネルギー物理の檜舞台が欧州に映るきっかけでもあり、堪え難い屈辱であったようだ。日本が主導するILCへの協力を進める一方で、米国主導の新しい加速器計画を練り直し、再スタートに取り掛かる兆しが見えてきた。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.