がん治療にアルファ線…医療用放射性物質、研究進む

私たちの周囲には、天然の放射性物質が数多くあり、全ての生き物は日常的に放射線を受けている。放射線は大量に浴びると有害だが、上手に使えば、がんなどの病気を発見したり、治療したりするための、強力な道具になる。最先端の研究現場を訪ねた。(出水翔太朗)

的確に標的へ

 放射線には様々な種類がある。従来、がんの治療に使われてきたのは、物質を貫く力が大きい「ベータ線」だった。がん細胞は確かに死ぬが、周囲の健康な細胞にも同じ影響がある。

 そこで近年、注目を集めるのは「アルファ線」だ。アルファ線は物質を通り抜ける力が非常に弱く、紙1枚でも止められる一方、止まる際に大きなエネルギーを出す。

 「アルファ線を出す放射性物質をがん細胞まで誘導すれば、健康な細胞への悪影響を避けられる」と、放射線医学総合研究所(千葉市)の永津弘太郎・研究統括は話す。永津さんらは加速器を用いてヘリウムイオンを金属元素「ビスマス」にぶつけ、アルファ線を出す物質「アスタチン211」を作っている。

 研究のポイントは、アスタチン211を的確にがん細胞に届ける工夫だ。永津さんらは、がん細胞の表面に現れるたんぱく質にくっつく「抗体」に着目。抗体をアスタチン211と結びつけて、放射性医薬の候補を作り出した。薬が自分でがん細胞を見つけ出す仕組みだ。動物実験では、転移した胃がんが縮小、消滅する効果が確認できたという。

 アルファ線による治療は、欧米を中心に盛んに研究されている。日本でも、骨に転移した前立腺がんの治療薬が使われている。

 永津さんは現在、より多くのアルファ線を出せる放射性物質の作製に取り組む。「放射性医薬による治療の効果は大きく、今後も発展するだろう」と話す。

国産化目指す

 医療に欠かせないのに、供給不足に悩まされてきた放射性物質がある。心臓機能などの検査に使われる「テクネチウム99m」だ。国内で最も使われる、医療用の放射性物質だ。原料は同様に放射性物質の「モリブデン99」。半減期が約66時間のため長期保存できない。

 モリブデン99はすべて、外国の原子炉で作られている。原子炉設備や輸送に問題が生じるたびに品薄になり、今年も供給が制限される事態が相次いでいる。日本原子力研究開発機構の研究炉で生産する構想もあったが、この炉は廃炉が決まっている。

 量子科学技術研究開発機構の永井泰樹研究員(原子核物理)らの研究グループは、原子炉ではなく加速器を使い、国産でモリブデン99を生産するための研究を重ねている。資金があれば国産化できるところまでこぎつけた。永井研究員は「供給不足が起こると分かっていながら、海外頼みのままでいいのか。国産化に向けた具体策を真剣に考える時期が来ている」と主張する。

 

yomiDr.

米国の新電子-イオン衝突型加速器EICが始動

やはり米国にとってSSC計画の挫折でトンネルを埋めた過去は、それ以降の高エネルギー物理の檜舞台が欧州に映るきっかけでもあり、堪え難い屈辱であったようだ。日本が主導するILCへの協力を進める一方で、米国主導の新しい加速器計画を練り直し、再スタートに取り掛かる兆しが見えてきた。

続きを読む...

ニオブタングステン酸化物Liイオンバッテリー

Liイオンバッテリーの最大の欠点は充電時間である。特に充電の後半は速度が落ちてしまう。Liイオンバッテリーの最大出力および最小充電時間は、イオンおよび電子の両方の輸送に依存する。電気化学的に活性な粒子内のイオン拡散が、充電および放電することができる速度を制限している。

続きを読む...

放射光施設等に予算がつかない理由〜失われた20年で科学技術立国に黄信号

不良債権を抱え財政問題を抱えながら欧州には数多くの放射光施設や大強度レーザー施設等の大型設備整備が相次ぎ活気がある中で、対照的に日本では次期放射光や大強度レーザー施設など大型設備整備の予算化が実現せず、かつて放射光大国であった日本も優位性を失いつつある。

続きを読む...

状態密度特異点におけるフォノンレーザー発振

光(光子)と音(フォノン)の基本的な量子的性質(波動)では似た部分がある。物理学者は、レーザー(具体的には線幅)が(励起)状態密度特異点で動作したときにどのように影響を受けるかについて検討を重ね、最近のフォノンレーザーの実験的調査でその性質を明らかにしつつある。

続きを読む...

出版社から訴えられるリサーチゲート〜著作権を揺るがすSNS

エルゼビアと米国化学会(ACS)は、リサーチゲートに対して、大量の著作権侵害を主張して訴訟を起こしている。この動きは、記事共有のコンテンツを変更する要求に対するリサーチゲート側の対応に不満を抱いた出版社が訴訟を起こすことになった。

続きを読む...

放射光X線トモグラフイーでみた電極のリアルタイム3D観察

安全性が高い全固体Liイオンバッテリーの開発競争が世界中で加速している。ガーネットとして知られる固体の非可燃性セラミック電解質がLiイオンバッテリーのパラダイムシフトとなる可能性がある。

続きを読む...

サブオングストロームタイコグラフイ電子顕微鏡

電子顕微鏡の進歩によって個々の原子の観測が可能になったが、まだ未解決の課題もある。電子顕微鏡のレンズは収差として知られている本質的な不完全性を避けられない。

続きを読む...

プラズマ中の自己組織化による水分解ナノ触媒

スウェーデンの研究チームは、水から水素ガスを生成する電極(触媒)を発見した。高価で入手が困難なプラチナ電極を使用する代わりに、新しい方法ではパルスプラズマスパッタリングと呼ばれる技術を使用し酸化鉄のナノトラス構造を電極に使用している(Ekeroth et al., NANO Lett., 18, 3132, 2018)。

続きを読む...

X線で投与制御する薬剤ナノバブル(リポソーム)

リポソームは生体中のナノバブルである。薬剤をカプセル化するために薬理学で一般に使用されている。薬物を充填したナノバブル外壁をX線によって破壊し局所的な投与を行う新しい治療法が提案され、初期の試験では、この技術が腸癌細胞を死滅させるのに非常に効率的であることが示されている(Deng et al., Nature Comm. 9:2713, 2018

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.