福島県の仮置き場、期限切れ

 東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土などを福島県内に一時保管する仮置き場が今月以降、「3年」の保管期限を次々と迎えることが、県内市町村への 毎日新聞のアンケートで分かった。搬出先の中間貯蔵施設について、政府は来年1月の稼働を目指すが、それまでに少なくとも10市町村の計105カ所が期限 切れになり、地権者らに保管延長を求める動きが出始めている。中間貯蔵施設の建設と汚染土の搬入スケジュールはいまだ具体化せず、復興の足かせになってい る。


記事元:毎日新聞

買い取り可能な地熱発電とは

 電力会社が太陽光など再生可能エネルギーを一定価格で買い取る「固定価格買い取り制度」を巡って、九州電力など電力5社が新規受け入れを停止した問題が波紋を呼んでいる。個人や事業者が太陽光などを使って発電した電気を電力会社が買い取ってくれるなければ成り立たない。

続きを読む...

再生エネ購入、地熱優先へ

 政府は、太陽光などで発電した再生可能エネルギーを固定価格で大手電力会社に買い取らせる制度を見直し、安くて安定した発電が見込める地熱発電からの電気を優先的に購入させる方針を固めた。

 すでに太陽光からの買い取り費用も抑える方向で検討を始めている。再生エネを普及させる方針は維持しながら、「太陽光偏重」の制度を改め、電気料金の値上がりを小さくすることを目指す。


記事元:読売新聞

 

トリチウム濃度が10倍超に

 東京電力は11日、福島第1原発2号機東側の港湾近くに設置された井戸で9日に採取した地下水から、トリチウムが1リットル当たり15万ベクレル検出されたと発表した。前回採取した2日と比べ、10倍超に濃度が上昇した。

記事元:時事通信

固定価格買い取り制度の中止の波紋

 電力会社が太陽光など再生可能エネルギーを一定価格で買い取る「固定価格買い取り制度」(注)を巡って、九州電力など電力5社が新規受け入れを停止した問題が波紋を呼んでいる。そもそも再生可能エネルギーの普及を目指して、再生可能エネルギー固定価格買取制度を設けたわけで、個人や事業者が太陽光などを使って発電した電気を電力会社が買い取ってくれるなければ成り立たない。電力会社が送電網の安全という名目で買い取りを中止したことにより、軌道に乗り始めた再生可能エネルギーへの転換に支障がでる恐れが出て来た。

続きを読む...

大規模太陽光参入凍結 経産省検討、電力量を制限

 電力会社が太陽光など再生可能エネルギーを一定価格で買い取る「固定価格買い取り制度」を巡って、九州電力など電力5社が新規受け入れを停止した問題で、 経済産業省は11日、大規模な太陽光発電の新規認定を一時停止する検討に入った。既存の太陽光発電事業者の新増設も凍結するなどして、太陽光発電に集中し ている再生エネの供給量を制限する。15日の同省審議会で固定価格買い取り制度見直しの具体化に入り、年内に方向性をまとめる。

記事元:毎日新聞

米国政府は原発事故の深刻さを強調ー福島原発の格納容器の破損について

US gov't analysis says Fukushima is more serious than 'China Syndrome' — Destroyed reactors suffered worst type of containment failure (PHOTOS)


米国政府(エネルギー省)は福島原発事故が格納容器破損によりBWR SPAR Level 2にあたるとの見解を示した。

 

記事元:ENENEWS

核融合エネルギー実験で画期的前進

 米エネルギー省のローレンス・リバモア国立研究所の科学者らが、核融合プロセスのエネルギー取り出し実験で画期的な前進を遂げたことが明らかになった。実用化されれば低コストの無限のエネルギー源となるとみられている。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

ローレンス・リバモア国立研究所がみいだした自己加熱に関する研究結果は以下の雑誌に掲載された。

Nature 506, 343 (2014)

体内に居座る悪魔-Sr

 福島の場合、拡散したCsとSr比率は 10:1 以下だと言われている。汚染が深刻な場所では高線量のCsの存在が確認できるので、どうしても線量を手っ取り早く下げたい、となるとCs対策が中心にくる。Csには最大400倍の生物濃縮があることもあり、米国西海岸の魚介類の放射線レベル増大を福島起源(注)とする報道や専門家のコメントが相次いでいる。放射線レベルはCs134とCs137の合算値として表現されることが多い(下図マップ)。

 

続きを読む...

再生可能エネルギーの買い取りを電力会社がストップ

 2014年9月から10月にかけて、再生可能エネルギーの買い取りを電力会社がストップする事態が生じています。

再生可能エネルギーとは、石炭や石油、天然ガスのように燃やしてしまったらおしまいの化石燃料による発電が、資 源の枯渇不安や地球温暖化の要因とみなされる温室効果ガスを排出するのに対して、その不安がないか非常に小さいもの。太陽光はもちろん風力、地熱、小水 力、バイオマスなどがあります。なかでもパネルが値下がりし、騒音などの問題もない太陽光が今のところ圧倒しています。

[続きを読む]

 

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.