ビル・ゲイツ支援の次世代原発、米中貿易戦争でピンチに

 米マイクロソフトの共同創業者、ビル・ゲイツ氏は昨年末、自身のブログにある投稿をした。“What I learned at work this year”というタイトルにある通り、難病の治療や気候変動など、ゲイツ氏が深い関心を寄せるテーマについて論じたものだ。

 この中に、興味深い内容が書かれていた。ゲイツ氏が実質的なオーナーを務める米テラパワーの中国プロジェクトが頓挫するかもしれないという内容である。

気候変動問題を人類の危機と捉えるゲイツ氏だが……

 テラパワーは次世代型原子炉、TWRの開発を進める原子力ベンチャーとして知られている。現在、商用原発で主流の軽水炉に対して、劣化ウランを燃料に使うTWRは低コストで安全性が高く、核廃棄物も減らせるという触れ込みだ。気候変動問題を人類の危機と捉えるゲイツ氏はTWRを高く評価、資金調達に手を貸すなどテラパワーを積極的に支援している。

 「原発はカーボンフリー(二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しない)で24時間稼働する拡張性の高いエネルギー。気候変動に対処する上で理想的な技術だ」

 ゲイツ氏はブログにこう記している。 

 このTWRを実用化するにあたり、重要な役回りを演じていたのが中国だった。

 テラパワーは実用化を加速させるため、2015年に中国の国有企業、中国核工業集団と合弁会社を設立、北京から200キロほど南に下った河北省滄州市でテスト用原子炉を作ることで合意した。ここで実績を作り、世界の原発市場に打って出ようとしたのだ。

 ところが、トランプ政権の米中貿易戦争によって状況は一変してしまう。

 

日経ビジネス

英原発建設中断の日立、推進派・中西会長の警鐘

日立製作所は1月17日、英国での原子力発電所の建設事業を凍結すると発表した。3兆円規模となる事業費を巡り、日英政府や関連企業との交渉が難航。民間企業の経済合理性の観点から事業継続が厳しいと判断した。凍結に伴い2019年3月期に約3000億円の損失を計上する見通しで、業績予想を下方修正した。

 日立は12年11月、英原発事業会社ホライズン・ニュークリア・パワーを約899億円で買収。英国内に原発2基を新規建設することを目指し、協議を重ねてきた。18年5月には約3兆円とされる総事業費のうち、英国政府が2兆円超を融資し、日立、日本政府と日本企業、英政府と英企業が3000億円ずつ出資する枠組みを固めるなど事業化へ並々ならぬ意気込みを示してきた。

 だが、原発に対する批判を受け、日本企業からの出資が難航。英国政府に追加出資を要請したものの色よい返事は得られていない。もはや日立だけでは経済合理性の観点から計画推進が困難だと判断した。

 

日経ビジネス

2分子反応における項間交差メカニズム

ミズーリ大学コロンビア校の研究チームは、アルキルアミンとO(3P)の二分子反応における項間交差メカニズム(異なるスピン多重度をもつ量子状態の間で起こる無放射遷移)の証拠を見出した(Li et al., Nature Chemistry online Dec. 10, 2018)。

続きを読む...

赤外光を可視光に変換する光子アップコンバージョン技術

コロンビア大学とハーバード大学の研究チームは、可視光を赤外線エネルギーに変換する化学プロセス(触媒)の開発に成功し、高強度の光照射による損傷なしに生体組織や他の物質に侵入できるアップコンバージョン技術の開発に成功した(Ravetz et al., Nature 565, 343, 2019)。

続きを読む...

CERNがFCCを次期加速器ビジョンとして推進

LHCの成功を背景にして、CERNは次の数10年でさらに多くの物質と宇宙の秘密を解き明かす目標のもと、FCCを軸とした次期加速器ビジョンを提案した。

続きを読む...

ESRFが解き明かしたレンブラント絵画の技法(インパスト)の秘密

「光の画家」と呼ばれるレンブラントは、光と影を操り数々の傑作を残しているが、得意とした技法、インパスト(Mpasto)とはキャンバスに厚塗りされた絵具の盛上がりや,絵筆またはパレットナイフの跡がはっきりわかるほどの画面上の絵具の凹凸をさす。これによって光の反射と散乱を自在に操ることで「光の魔術師」と表現される微妙な陰影を作り出していた。

続きを読む...

13日の地震情報まとめ 有感地震は9回

1月13日の地震は計9回に及んだ。それぞれの地震の説明はハザードラボを参照してください。14日にも岩手沖と関東南部、15日には宮城沖で地震が観測されているため、注意が必要である。

 

image1 3 copy

 

リアルタイム情報は右側メニューの防災情報がありますので、ご活用ください。

 

 

 

光吸収プラズモニック金属ナノ構造による太陽熱水浄化

きれいな水を作り出す方法のひとつは、蒸留である。海水の蒸留で飲料水とする日本が輸出した大規模なプラントが、水資源が不足する国で活躍している。水を加熱する方法は数多くあるが、エネルギー効率が悪くコストが高いことが問題であった。

続きを読む...

極端紫外領域の超高速広域円二色性が計測可能に

左手系分子と右手系(カイラル対称性)分子とを区別することは、化学および生命科学において非常に重要であり、円二色性と呼ばれる方法を使用するのが一般的である。

続きを読む...

線量率効果

 放射線の生物影響には線量率が大きく関係しており、線量率が低くなるほど生物影響は小さくなるという考えがあります。一方、LNT仮説のように、環境レベルの線量率の放射線では、線量率は無関係とする考えもあります。直感的には、線量率が低いと、放射線の影響が薄まってしまい、なくなってしまいそうですが、論理的にもそれでよいのでしょうか。そうではありません。放射線が粒子の集まりであることから、線量率がいくら低くなっても局所的なエネルギー吸収は限度を超えて薄まることがありません。たとえば、137Csガンマ線が光電効果で原子から電子をたたき出すと、その電子は約2万個の電離を周辺に引き起こします。これが細胞核内で起こると、662 keVのエネルギー全部が1つの細胞核内で吸収され、複数のDNA損傷が発生することになり、染色体異常も発生します。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.