テラヘルツ技術によるチューナブルレーザーの超高速スイッチング・ダイナミクス

今日レーザーは、特定周波数の高出力コヒレント光源として広く使用されている。しかし、レーザー発振時の超高速ダイナミクスについての知見は限られていた。テラヘルツ周波数技術の超高速分光は、実験的にの周波数の選択機構を超高速時間スケールで研究する有効な手段である。

続きを読む...

ウエアラブル生体センサ型放射線モニタ

パーデュー大学の研究チームは放射線作業従事者が安全な放射線利用を行う必需品である放射線モニタのウエアラブル化に成功した(Yoon et al, Advanced Biosystems online Aug. 06, 2018)。

続きを読む...

電子顕微鏡によるナノスケール液体の高分解能可視化

シカゴのイリノイ大学研究チームが開発した新しい顕微鏡技術で、従来の透過型電子顕微鏡よりも約10倍高分解能で、ナノスケールの液体を視観察が可能になった。

続きを読む...

質量分析器が明らかにする文書偽造

グラスゴー大学の研究チームは、偽造された原稿を確定するための質量分析技術を開発した。ロバート・バーンズは影響力のあるスコットランドの詩人であり、彼の書いた詩が世界中の大晦日に伝統的に歌われている歌「Auld Ang Syne」となったことで、母国外で最もよく知られている。バーンズは1759年から1796年にかけて詩や歌などを紙に書いた後、写本となった。

続きを読む...

状態密度特異点におけるフォノンレーザー発振

光(光子)と音(フォノン)の基本的な量子的性質(波動)では似た部分がある。物理学者は、レーザー(具体的には線幅)が(励起)状態密度特異点で動作したときにどのように影響を受けるかについて検討を重ね、最近のフォノンレーザーの実験的調査でその性質を明らかにしつつある。

続きを読む...

放射光X線トモグラフイーでみた電極のリアルタイム3D観察

安全性が高い全固体Liイオンバッテリーの開発競争が世界中で加速している。ガーネットとして知られる固体の非可燃性セラミック電解質がLiイオンバッテリーのパラダイムシフトとなる可能性がある。

続きを読む...

サブオングストロームタイコグラフイ電子顕微鏡

電子顕微鏡の進歩によって個々の原子の観測が可能になったが、まだ未解決の課題もある。電子顕微鏡のレンズは収差として知られている本質的な不完全性を避けられない。

続きを読む...

暗黒物質モデル制限を書き換えた中国のPandaX-II実験

暗黒物質すなわち宇宙の非光物質は、宇宙の物質の85%を占めるとされる。通常の物質とは異なり、光を吸収、反射、放出しないため、検出が困難である。間接的な重力効果から推測せざるを得なかった暗黒物質と普通の物質との関係は不明な点が多い。暗黒物質の直接検出は、暗黒物質を構成すると考えられている仮想粒子(WIMP粒子)である。

このほどカリフォルニア大学(リバーサイド)を中心とした国際的な研究チームは、暗黒物質が通常の物質とどのように相互作用するかという条件を絞り込むことに成功した。

続きを読む...

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.