NSLSIIが透過型X線顕微鏡(TXM)を10倍高速化

透過型X線顕微鏡(TXM)は先端技術で各国の放射光施設で精力的な開発が行われている高分解能X線イメージングの主役である。NSLS-II放射光のTXM開発チームは、従来より10倍高速に画像を得る高速TXMを開発した。

続きを読む...

人体3次元画像の高速PETイメージング

カリフォルニア大学デービス分校の研究チーム(bme.ucdavis.edu)は同時に全身を撮影することができるPETとX線コンピュータ断層撮影(CT)スキャナを組み合わせた全身計測イメージスキャナーを開発した。診断の改善から疾患の進行の追跡、新薬の治療法の研究に至るまで、数多くの応用が期待されている。

続きを読む...

ポジトロニウムの2光子2電子高励起共鳴状態(D-wave)

陽電子は、電子と同じ質量を持ち、正電荷の反物質(反粒子)である。陽電子は身近な反物質(反粒子)で、代謝障害の診断に有用な医療イメージング法である陽電子放射断層撮影(PET)は医学応用で大病院には必ず備えられている。

続きを読む...

グラフェン-導電性高分子ハイブリッド超高感度光検出器

ブルックヘブン国立研究所の研究チームは、導電性自己組織化ナノ構造を介してグラフェンの光応答を劇的に改善した。これによって医療イメージング、放射線検出などの微弱な光を迅速に検出できるグラフェンベースの検出器へ応用が期待される。

続きを読む...

高エネルギーγ線分光が挑む宇宙の粒子加速メカニズム

γ線分光が宇宙の粒子加速を通して宇宙の起源の解明につながると期待されている。γ線分光観測は衛星と地上の両面で活発な観測活動が行われている。2015年4月20日に、フェルミ衛星とMAGIC望遠鏡観測所は、宇宙の彼方に非常に活発なγ線源を発見した。

続きを読む...

金ナノ粒子バイオセンサーによるU(VI)高感度検出法

ウランの混入による地下水は、老朽化した核施設からの核物質汚染を引き起こし健康被害につながる恐れがある。放射性ウランの摂取による腎不全、遺伝毒性および癌発生など重篤な健康上の問題が懸念されている。特に米国では老朽化した原子炉や閉鎖された原爆製造工場から、核汚染物質が流れ出し地下水を汚染し住民の健康被害が報告されている。

続きを読む...

超強磁場による高分解能MRI

高分解能MRIのニーズは高いが強磁場発生と高感度RFプローブの性能に依存するため、市販の装置は手の届かない価格となり普及は進まないのが現状である。

続きを読む...

電子ビーム誘起ホールと二次電子電流を用いたSTEMイメージング

UCLAと南カリフォルニア大学の研究チームは新しいSTEMイメージング技術で、動作中のデバイス内の電子流を観察し、最終的にそのデバイス機能を向上させることができる(Hubbard et al., Phys. Rev. Appl. 10, 044066, 2018)。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.