オーストラリア放射光が抗生物質耐性伝達メカニズムを解明

細菌は、抗生物質に対する耐性の研究を欺くかのような狡猾さを持っている。細菌の菌株には、自身をずる賢く防御し、疾患を引き起こす仕組みが巧妙に遺伝子に組み込まれている。抗生物質の薬物に対して生き残るために必要な防御方法を近隣の細菌に伝えることで、細菌が耐性を持つようになる。

続きを読む...

LHCのデータ解析に導入される機械学習データ解析

ILCの実現に向けて国内の加速器科学研究者の動きが活発になってきたが、緊縮財政を背景として、当初の経済効果の精度が低いことと学術会議が時期尚早(注1)としていることを理由に、政府のILC予算化への動きは遅い。

続きを読む...

大開口ラウエレンズによるマルチスライス・タイコグラフイー

ブルックヘブン国立研究所の研究チームは、従来のイメージング方法では不可能な、凹凸の激しい対象物を詳細に視覚化できる3次元X線イメージング手法を開発した。

続きを読む...

陽子バンチを用いたプラズマウエークフイールドで電子加速に成功

2018年5月26日、CERNでのAWAKEコラボレーション(注1)は、陽子ビームがプラズマを通過することで発生するウェイクフィールドを使って初めて電子を加速した。

続きを読む...

タンデムヘリカルアンジュレーターからのベクトルX線ビーム発生

長く続いた3GeV放射光建設を巡る混乱は収拾の兆しが見えない中でコミュニテイに明るい希望も現れている。度重なるアップグレードで紫外領域の解説光源となったUVSORIIIが、新しい挿入光源技術で世界初となるベクトル放射光ビーム発生技術の開発に成功した。

続きを読む...

単純ではない放射光のアウトプットと光源(ラテイス)の関係

コミッショニング後のNSLS-IIで早くも稼動を始めたのはX線吸収分光のための汎用ビームライン(BL)、物質科学専用BL(BMM)はNISTとのパートナーシップで運営される。このBLは触媒などエネルギー科学から地球物理学に至る広範囲の物質の構造と電子状態に関する研究に使われる。

続きを読む...

3GeV放射光のランドスケープ〜3つの立場でみた違い

第5世代蓄積リングは1.9〜6GeVまで様々であるが、おおまかにいえば建設しやすい3GeV放射光の競争力は6GeVリングの牙城を脅かすほどにもなった。電力コストを考慮すれば、3GeVを選択することが、コスパ的に最良の選択であることに異論はないのではないだろうか。3GeV放射光や第5世代蓄積リングについてはこれまでたびたび記事をかいているので、ここではそれらの説明は省く。

続きを読む...

高エネルギー勾配ミニチュア加速器の将来性

LHCのヒッグスボソン発見の偉業にも関わらず、その後継機となる次世代加速器計画始動が遅れている。その理由は2つある。ひとつは急ぐ必要がないこと。高ルミノシテイ化を達成したLHCは今後も世界の加速器研究の頂点に位置付けられるからである。より深刻な問題は経済的な理由である。周長27kmのLHCより大型の加速器の建設が、世界経済の鈍化と先進国共通の債務超過対策の緊縮財政で、予算化が困難になったことである。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.