時系列帯域が拡張された分子ムービーの新しい手法HARE〜PETRAIIIの成果

ハンブルグにある自由電子レーザー科学センター、超高速イメージングセンター、カナダのトロント大学、スイスのチューリッヒのETHの共同研究チームは、分子ムービーの新しい手法HARE(’Hit-and-Return’)を開発した(Schultz et al., Nature Methods, 15, 901, 2018)。

続きを読む...

マイコプラズマが細胞にはりつくメカニズム〜ALBA放射光の成果

マイコプラズマ・ジェニタリウムは、感染性尿生殖器疾患の原因となる比較的新しい病原体である。男性では、尿道炎(15-20%)の最も一般的な原因であるが、女性では子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患(PID)、早産および自然流産に関連している。

続きを読む...

ホイヘンスのメタ表面アンテナで発生する放射光(その2)〜超光速放射光

ホイヘンスのメタ表面アンテナからの放射光発生の概要についてはすでに記事に書いた。ここではその実証実験の論文(Henstridge et al., Science 362, 439, 2018)の内容について説明する。

続きを読む...

ホイヘンスのメタ表面アンテナによる放射光発生

光の速度に近い円形軌道を運動する荷電粒子からシンクロトロン放射と呼ばれる光やX線が発生する。ミシガン大学の研究チームは、ホイヘンスのメタ表面アンテナ原理(Epstein et al., Nature Communications volume7, Article number: 10360 (2016))を実証した。

続きを読む...

公開にこぎつけたNSLSIIの軟X線非弾性散乱ビームライン(SIX)

ブルックヘブン国立研究所の放射光NSLSIIの軟X線非弾性散乱ビームライン(SIX)ビームラインは、2018年7月15日に公開後初となる実験を行った。 SIXは、165-2300eV領域の超高輝度X線を用いて0.3x2.5μスポットで固体の電子状態を測定するために設計された実験ステーションである。

続きを読む...

高温単分子磁石の発見

分子磁性体の動作温度は低温に限られていたため、分子磁気メモリとしての応用には時間がかかるものと考えられていた。サセックス大学の研究チームは、高温分子磁性体を開発し磁気情報記憶材料としての画期的な展開が期待されている。

続きを読む...

LCLSが世界最高速X線パルスを発生

太陽電池、触媒、および他の電子デバイスの反応は、電子の超高速ダイナミクスで支配されている。これらの電子の動きを理解することはメカニズム解明の鍵となる。それはXFELの登場によって高エネルギーX線短パルスが利用できるようになってはじめて可能になった。

続きを読む...

Au-Pt単原子触媒のインパクト〜CLS放射光の成果

Pt触媒は、伝統的な自動車エンジンからの有毒な排ガスを不活性化する排気ガス処理装置の鍵となる。またPt触媒はゼロエミッションの水素燃料電池の化学反応を促進する触媒でもある。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.