中性子イメージングによるバイオマス研究開発

バイオマスを燃焼させる過程でも、大気汚染、環境保全、公衆衛生を害するガスが放出される。排出ガスの悪影響を軽減するために、スウェーデンのルンド大学の研究チームはオークリッジ国立研究所(ORNL)と共同で、バイオマスのよりクリーンなエネルギー変換する研究を推進している。 ORNLで中性子散乱を使用して、バイオマスが極端な温度にさらされるとどのように劣化するかが調べられた。

続きを読む...

MITが核融合国家プロジェクト推進を提案

核融合技術は長い間、安全で豊富な、炭素を含まない電気エネルギーを生産する未来技術として活発に研究開発が世界各国で行われてきた。しかし正味のエネルギー利得を生み出す核融合反応を実用レベル(採算性のとれる発電技術として)実現するにはまだ至っていないものの、磁気閉じ込め方式が、今後数十年以内に核融合を実証することについては、核融合関連研究者のコンセンサスが得られている。

続きを読む...

CO2還元量子効率57%を達成〜Mn(I)触媒とCu(I)酸化還元光増感剤

東京工業大学の研究チームは、空気中のCO2還元反応の世界最高の量子収率57%を達成し、空中炭素固定の費用対効果が実用的なレベルに達したことで、困難なCO2排出量の規制に代わって空中炭素固定による脱炭素が有力な解決策となると期待されるTakeda et al., J. Am. Chem. Soc. online Dec. 2018 )。

続きを読む...

ウラン(III)複合体による室温窒素固定

空中窒素の固定技術によって窒素肥料の原料となるアンモニアが大量生産できるようになって以来、食糧事情が安定し人口増加につながった。

続きを読む...

欧州が計画する大規模海洋エネルギー利用

海洋エネルギー部門は歴史は古いが実用技術はまだ開発の初期段階にある。ここでは海洋の潮と波からエネルギーを生成するための未来技術について2019年3月に開催された新興エネルギー技術に関する国際ワークショップに基づいて展望をまとめた。

続きを読む...

多孔質セパレータで何が起きているのか〜Liイオンバッテリーの課題解決にむけて

Liイオンバッテリーは我々の日常生活に欠かせない存在となっている。いくつかの未解決の問題を抱えながら、普及した珍しい製品と言える。しかしLiイオンバッテリーはエネルギー密度で圧倒的な強みを持つ反面、事故の危険性がある。さらにサイズを小さくすると、不安定になり、短絡や発火の事故につながる。

続きを読む...

加圧水炉の安全性シミュレーション

パキスタンのCHASNUPP-1 (996MW)加圧水型原子炉(PWR)の商業運転は、2000年5月に開始された。それは従来型PWRであり、パキスタン原子力委員会によって運営されている。

続きを読む...

白金系金属フリー水素発生ナノ結晶光触媒

スペインの研究チームは、可視光と紫外線の影響下で水素を発生するルテニウムナノ粒子光触媒を開発した。将来、このようなナノ結晶触媒は、太陽光の影響下での水素燃料の大規模生産に利用できると期待されている。

続きを読む...

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.