白金系金属フリー水素発生ナノ結晶光触媒

スペインの研究チームは、可視光と紫外線の影響下で水素を発生するルテニウムナノ粒子光触媒を開発した。将来、このようなナノ結晶触媒は、太陽光の影響下での水素燃料の大規模生産に利用できると期待されている。

続きを読む...

触媒特性を支配する原子酸素拡散〜Ru金属上のグラフェン表面

我々の日常生活に欠かせない燃料、プラスチック、および他の製品は、化学反応を引き起こす触媒反応を使用して製造されている。より良い触媒を設計するためには、科学者は適切な原子を正しい場所に配置することが必要になる。

続きを読む...

Li-Sバッテリーの進歩でLiイオンバッテリーの世代交代か

2008年7月下旬、英国のソーラー・プレーンは、3日間以上連続して非公式の飛行耐久記録を樹立し、LiSバッテリーは太陽電池の使えない夜間、連続飛行を可能にしたことで注目を集めた。それから 10年後、Li-Sバッテリーの市販に漕ぎつけていない。このほどドレクセル大学の研究チームは量産を阻害している大きな障壁を取り除くことに成功した。

続きを読む...

ペロブスカイトナノ結晶の光変換量子効率が98%

ペロブスカイトはスピントロニクスや太陽電池に有望な特性を示す新しい結晶ファミリーである。後者ではペロブスカイト材料では、光を電気に変換する際に材料をより効率的にする効果であるキャリア増幅特性が重要である。 アムステル大学の研究チームの新しい研究では、特定のペロブスカイトがこの効果が大きいことを発見した(Weerd et al., Nature Comm. 9: 4199, 2018)(https://www.nature.com/articles/s41467-018-06721-0)。

続きを読む...

量子コンピューティングの未来を担うWSe2の双励起子とトリオン

レンセラー工科大学の研究チームは、光がどのように原子レベルで超薄膜半導体と相互作用するかについて研究を進め、励起子複合粒子、多重電子などの仮想粒子は、擬スピンである「バレースピン」と呼ばれる新たな量子自由度を有することを見出した。 「バレースピン」は電子のスピンに似ていて、将来の量子コンピューティングの有望な候補となることが期待されている。

続きを読む...

ソーラーパークとして再出発するチェルノブイリ

福島第一の廃炉作業は今後40年間継続する。また周辺の立ち入り禁止区域も同様に長期間にわたって住民が帰還できる見込みもない。政府や廃炉組織が説明を避けていてもチェルノブイリをみれば、どのような経緯をたどるか明らかである。

続きを読む...

アフリカの電力危機を救うのは再生可能エネルギーか

アフリカの電力不足は水不足と同様に重要課題となっている。唯一原子力発電所を持つ南アフリカでは加圧水炉2基が稼働している。

続きを読む...

放射線量規制値を緩和するEPA

福島第一事故の際に1日あたりの放射線量規制値が緩和されたことは記憶に新しい。被曝の下限が書き換えられたのは、生物への放射線の影響が科学的に検証されたからではない。原子炉建物近くで作業する放射線従事者が規制で作業に支障を与えるからである。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.