多価イオン化をリガンドで制御する超原子とは

バージニア・コモンウェルス大学の研究チームは、周期律表の2つ以上の元素群の原子の組み合わせを見出す新しい戦略を発見した。これらの組み合わせは周期律表の族を超えた性質も期待できることから「超原子」と呼ばれ、より効率的なバッテリーやより良い半導体を含む新しい材料創出に使用することができる。

続きを読む...

見直される炭素循環への海洋の寄与〜従来の気候モデルに誤り

プリンストン環境研究所の研究チームは地球規模の炭素循環(カーボンサイクル)を調べ、これまでの炭素循環モデルが誤りであることを見出した。

続きを読む...

Liイオンバッテリーの電解質添加剤のメカニズム

EVに最適なエネルギー貯蔵システムは(エネルギー密度の観点から)、Liイオン電池である。EVのバッテリーでは、蓄えられるエネルギーが多いほど、走行距離が長くなるからである。しかしLiイオンバッテリーは多くの問題も抱えている。例えば最大エネルギー貯蔵容量正極の性能が正極材料に強く依存し、ボトルネックとなっている。

続きを読む...

ペロブスカイトタンデムセルのエネルギー変換効率が25.2%に

シリコンと肩を並べるエネルギー変換効率のペロブスカイト太陽電池は低コストシリコン代替材料の有力候補となった。一方で二つの材料を組合わせた高効率タンデムセルの開発も進められている。

続きを読む...

海水から実用レベルのイエローケーキ抽出に成功

パシフィック・ノースウェスト国立研究所の研究チームは、世界で初めて、原子力発電のためのウラン燃料を製造するために使用する粉末状のウラン(イエローケーキ)5グラムを、アクリル繊維を使用して海水から抽出することに成功した。

続きを読む...

インドで広範囲なウラン汚染

デューク大学の研究チームの新しい調査で、16のインド州の帯水層からの地下水に広範なウラン汚染があることが分かった(Coyte et al. Environmental Lett. Online May 11, 2018)。

続きを読む...

体内からストロンチウムを除去する新キレート物質

90Sr(t1 / 2 = 29.1年)は最も重要な核分裂要素の1つで、チェルノブイリと福島第一原子力発電所の災害の後、90Srは大気と海洋に放出された。 90Srは長い半減期を有し、その娘放射性核種90Y(半減期 64.1h)が高エネルギーベータ粒子を放出するため、もちろんヒトに有害である。

続きを読む...

高プロトン伝導性固体電解質

燃料電池やLiイオンバッテリーは、携帯電話、自動車、衛星で使用されるほとんどすべてのデバイスの電源として活用されている。エネルギー貯蔵デバイスの直面する課題は、より薄く、より効率的に、より安全に、より高速な再充電を実現する電解質の開発である。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.