水分解反応の世界最高エネルギー効率達成

水素は、持続可能なエネルギーシステムにおける貯蔵媒体としての中心的役割を果たすと考えられている。しかし水素の製造法は大規模な工業的製造法から光触媒などの人工光合成に到るまで、エネルギー変換効率は高くなかった。

続きを読む...

中国の欧州型加圧水炉(EPR)が送電開始

欧州型加圧水炉はアレバ社が威信をかけて設計した次世代加圧水炉で、安全性は高く評価され原子力発電関係者の期待を背負っていた。しかしフランス、英国、フインランドで建設予定は度重なる遅延に悩まされていて、今だに稼働はおろか工事完了の見通しが立っていない。そればかりかアレバ社自身が経営危機に陥り国営企業となった。

続きを読む...

逆平面ヘテロ接合型ペロブスカイト太陽電池が世界最高性能達成

躍進著しいペロブスカイト太陽電池には,大きく分けていわゆる①ナノ構造型、②平面ヘテロ接合型、③逆構造型の3種がある。

続きを読む...

CO2をメタノールに変換する新触媒

ペンシルベニア州の研究チームは、温室効果ガスであるCO2をメタノールなどの燃料に変換する新型触媒を開発した。

続きを読む...

多価イオン化をリガンドで制御する超原子とは

バージニア・コモンウェルス大学の研究チームは、周期律表の2つ以上の元素群の原子の組み合わせを見出す新しい戦略を発見した。これらの組み合わせは周期律表の族を超えた性質も期待できることから「超原子」と呼ばれ、より効率的なバッテリーやより良い半導体を含む新しい材料創出に使用することができる。

続きを読む...

見直される炭素循環への海洋の寄与〜従来の気候モデルに誤り

プリンストン環境研究所の研究チームは地球規模の炭素循環(カーボンサイクル)を調べ、これまでの炭素循環モデルが誤りであることを見出した。

続きを読む...

Liイオンバッテリーの電解質添加剤のメカニズム

EVに最適なエネルギー貯蔵システムは(エネルギー密度の観点から)、Liイオン電池である。EVのバッテリーでは、蓄えられるエネルギーが多いほど、走行距離が長くなるからである。しかしLiイオンバッテリーは多くの問題も抱えている。例えば最大エネルギー貯蔵容量正極の性能が正極材料に強く依存し、ボトルネックとなっている。

続きを読む...

ペロブスカイトタンデムセルのエネルギー変換効率が25.2%に

シリコンと肩を並べるエネルギー変換効率のペロブスカイト太陽電池は低コストシリコン代替材料の有力候補となった。一方で二つの材料を組合わせた高効率タンデムセルの開発も進められている。

続きを読む...

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.