事故発生への連鎖を断ち切るには〜ヘリ事故から原発まで Part1

事故は純粋に偶然によるものは極めて少ない。最近の欧米の考え方は事故をいくつかの鍵となる因子の連鎖と考え、事故を未然に防ぐにはその連鎖を断ち切ることで対処しようという考え方が主流になっている。

続きを読む...

中国のペブルベッド高温ガス炉の安全性に警鐘

科学技術立国を目指す中国の勢いは目覚ましい。とりわけ世界中で100超の新規原子炉計画は中国だけであり、先進国では一様に勢いの衰えた原子力を支えている感すらある。

続きを読む...

フイスカー社の全固体Liイオンバッテリーのインパクト

今ではLiイオンバッテリーなしの生活は考えられない人がほとんどだろう。Liイオンバッテリーの製造メーカーも長い研究開発の末に、ようやく本質的な欠点を取り除いた製品を市場に送り出す新しい製造ラインを整備する準備が整ったようだ。

続きを読む...

トリウムからのラジウム同位体抽出

ラジウム同位体による放射線癌治療は古くから行われている。このほどロスアラモス国立研究所の研究チームは、医療ラジウム同位体をトリウム溶液から単離する方法を開発した。

続きを読む...

ニオブタングステン酸化物Liイオンバッテリー

Liイオンバッテリーの最大の欠点は充電時間である。特に充電の後半は速度が落ちてしまう。Liイオンバッテリーの最大出力および最小充電時間は、イオンおよび電子の両方の輸送に依存する。電気化学的に活性な粒子内のイオン拡散が、充電および放電することができる速度を制限している。

続きを読む...

プラズマ中の自己組織化による水分解ナノ触媒

スウェーデンの研究チームは、水から水素ガスを生成する電極(触媒)を発見した。高価で入手が困難なプラチナ電極を使用する代わりに、新しい方法ではパルスプラズマスパッタリングと呼ばれる技術を使用し酸化鉄のナノトラス構造を電極に使用している(Ekeroth et al., NANO Lett., 18, 3132, 2018)。

続きを読む...

国際的懸念が高まる日本のプルトニウム貯蔵量増加

日本は、原子力平和利用(原子力発電事業)の一環として6,000原子爆弾を作るのに十分なプルトニウムを蓄積していると言われる。これまで政府は核燃料サイクルという概念でMOX燃料として再利用を掲げて度量してきたが、貯蔵されているプルトニウムの増大で、テロリストや自然災害に脆弱であるとの懸念が世界的に高まっている。

続きを読む...

無重力下の光分解〜長距離宇宙飛行支援技術としての利点と課題

宇宙機関や民間企業は、今後数年間で人間を火星に送り込む計画を進めており、本格的な惑星植民化が始まるのも遠い将来の話ではない。火星移住は惑星移住のための前線基地であり、現実に地球に近い環境の惑星が探索されつつある。長距離の宇宙旅行はSFでなく現実のミッションとなる日が近い。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.