Cu-酸化セリウム触媒の反応メカニズムの解明

大連化学物理研究所(DICP)の研究チームは、工業的に広く応用されている触媒であるCu-酸化セリウム系の原子構造を決定し、銅二層構造モデルを提案した(Chen et al., Nature Catalysis online Feb. 18, 2019)。

続きを読む...

4Dランジュバン方程式による核分裂片分布予測

核分裂は、原子の核が分裂し、一般に2つの小さい、必ずしも等しい原子ではない原子が形成されるプロセス(2つの核分裂生成物があるため、二元核分裂と呼ばれる)である。核分裂は、原子力分野で何十年にもわたって応用されてきたが、核分裂反応で生成する核分裂片について、まだ完全に理解できているわけではない。

続きを読む...

IAEAが日本に要請「福島第一廃炉に時間をかけるべき」

IAEAは、津波で被害を受けた福島原子力発電所の廃止措置計画を策定するために十分な時間をかけ、計画に不確実性があることを国民に誠意を持って伝えるべきであると要請した(THE ASSOCIATED PRESS, November 14, 2018 at 08:50 JST)。

続きを読む...

増え続ける核廃棄物〜オンカロに続く民間処理事業者

オンカロ核廃棄物地下貯蔵施設が稼動を開始しても、先進国が貯蔵し続ける核廃棄物は増大する一方である。7カ国の原子力発電所の廃棄物貯蔵施設を分析した結果、飽和状態に近い施設もあり管理が徹底されていない場所もあることがわかった。

続きを読む...

光誘起半導体-金属転移を利用したFeSナノシートの水素発生高効率化

高い触媒活性を有する安定な電極触媒の開発は、水素発生反応の鍵となる。南京大学の研究チームは、室温に近い近赤外線によって誘起された超薄トロライト(注1)FeSナノシートの半導体-金属転移が、水素発生反応の触媒活性を向上されることを見出した(Zhou et al., Nature Comm. 10: 399, 2019)。

続きを読む...

溶融核燃料探査ロボット〜用途に特化する日本の耐放射線ロボット

東芝は福島第一の溶融核燃料探査のための遠隔制御ロボットを公開した。このロボットは原子炉のうちの1つの内部を探査し、高放射能溶融燃料の塊を回収を目的としている。ロボットは、延長可能な長さ11mのパイプを滑り落ち、2号機の原子炉の一次格納容器内の溶融燃料を探査する。

続きを読む...

耐放射線AIロボットCentauro

欧州では放射性廃棄物の片付けや原子力緊急時の支援など、人間にとって危険な高放射線環況で作業するために、耐放射線でインテリジェントなロボットが開発されている。対照的に福島原発事故では、現場の作業者を支援するために急遽、配置された国産ロボットは役に立たなかった。強烈な放射線量を想定した開発がなされてこなかったからである。

続きを読む...

光吸収プラズモニック金属ナノ構造による太陽熱水浄化

きれいな水を作り出す方法のひとつは、蒸留である。海水の蒸留で飲料水とする日本が輸出した大規模なプラントが、水資源が不足する国で活躍している。水を加熱する方法は数多くあるが、エネルギー効率が悪くコストが高いことが問題であった。

続きを読む...

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.