ウラン(III)複合体による室温窒素固定

空中窒素の固定技術によって窒素肥料の原料となるアンモニアが大量生産できるようになって以来、食糧事情が安定し人口増加につながった。

続きを読む...

欧州が計画する大規模海洋エネルギー利用

海洋エネルギー部門は歴史は古いが実用技術はまだ開発の初期段階にある。ここでは海洋の潮と波からエネルギーを生成するための未来技術について2019年3月に開催された新興エネルギー技術に関する国際ワークショップに基づいて展望をまとめた。

続きを読む...

多孔質セパレータで何が起きているのか〜Liイオンバッテリーの課題解決にむけて

Liイオンバッテリーは我々の日常生活に欠かせない存在となっている。いくつかの未解決の問題を抱えながら、普及した珍しい製品と言える。しかしLiイオンバッテリーはエネルギー密度で圧倒的な強みを持つ反面、事故の危険性がある。さらにサイズを小さくすると、不安定になり、短絡や発火の事故につながる。

続きを読む...

加圧水炉の安全性シミュレーション

パキスタンのCHASNUPP-1 (996MW)加圧水型原子炉(PWR)の商業運転は、2000年5月に開始された。それは従来型PWRであり、パキスタン原子力委員会によって運営されている。

続きを読む...

白金系金属フリー水素発生ナノ結晶光触媒

スペインの研究チームは、可視光と紫外線の影響下で水素を発生するルテニウムナノ粒子光触媒を開発した。将来、このようなナノ結晶触媒は、太陽光の影響下での水素燃料の大規模生産に利用できると期待されている。

続きを読む...

触媒特性を支配する原子酸素拡散〜Ru金属上のグラフェン表面

我々の日常生活に欠かせない燃料、プラスチック、および他の製品は、化学反応を引き起こす触媒反応を使用して製造されている。より良い触媒を設計するためには、科学者は適切な原子を正しい場所に配置することが必要になる。

続きを読む...

Li-Sバッテリーの進歩でLiイオンバッテリーの世代交代か

2008年7月下旬、英国のソーラー・プレーンは、3日間以上連続して非公式の飛行耐久記録を樹立し、LiSバッテリーは太陽電池の使えない夜間、連続飛行を可能にしたことで注目を集めた。それから 10年後、Li-Sバッテリーの市販に漕ぎつけていない。このほどドレクセル大学の研究チームは量産を阻害している大きな障壁を取り除くことに成功した。

続きを読む...

ペロブスカイトナノ結晶の光変換量子効率が98%

ペロブスカイトはスピントロニクスや太陽電池に有望な特性を示す新しい結晶ファミリーである。後者ではペロブスカイト材料では、光を電気に変換する際に材料をより効率的にする効果であるキャリア増幅特性が重要である。 アムステル大学の研究チームの新しい研究では、特定のペロブスカイトがこの効果が大きいことを発見した(Weerd et al., Nature Comm. 9: 4199, 2018)(https://www.nature.com/articles/s41467-018-06721-0)。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.