プラズマ中の自己組織化による水分解ナノ触媒

スウェーデンの研究チームは、水から水素ガスを生成する電極(触媒)を発見した。高価で入手が困難なプラチナ電極を使用する代わりに、新しい方法ではパルスプラズマスパッタリングと呼ばれる技術を使用し酸化鉄のナノトラス構造を電極に使用している(Ekeroth et al., NANO Lett., 18, 3132, 2018)。

続きを読む...

国際的懸念が高まる日本のプルトニウム貯蔵量増加

日本は、原子力平和利用(原子力発電事業)の一環として6,000原子爆弾を作るのに十分なプルトニウムを蓄積していると言われる。これまで政府は核燃料サイクルという概念でMOX燃料として再利用を掲げて度量してきたが、貯蔵されているプルトニウムの増大で、テロリストや自然災害に脆弱であるとの懸念が世界的に高まっている。

続きを読む...

無重力下の光分解〜長距離宇宙飛行支援技術としての利点と課題

宇宙機関や民間企業は、今後数年間で人間を火星に送り込む計画を進めており、本格的な惑星植民化が始まるのも遠い将来の話ではない。火星移住は惑星移住のための前線基地であり、現実に地球に近い環境の惑星が探索されつつある。長距離の宇宙旅行はSFでなく現実のミッションとなる日が近い。

続きを読む...

金パラジウム合金化で水素貯蔵能力が増大するメカニズム

水素を吸収する物質は、水素の貯蔵と精製に使用され、クリーンエネルギー媒体として有用である。最もよく知られている水素吸収剤であるパラジウムは、金と合金化することによって、吸蔵能力を改善できる。

続きを読む...

水分解反応の世界最高エネルギー効率達成

水素は、持続可能なエネルギーシステムにおける貯蔵媒体としての中心的役割を果たすと考えられている。しかし水素の製造法は大規模な工業的製造法から光触媒などの人工光合成に到るまで、エネルギー変換効率は高くなかった。

続きを読む...

中国の欧州型加圧水炉(EPR)が送電開始

欧州型加圧水炉はアレバ社が威信をかけて設計した次世代加圧水炉で、安全性は高く評価され原子力発電関係者の期待を背負っていた。しかしフランス、英国、フインランドで建設予定は度重なる遅延に悩まされていて、今だに稼働はおろか工事完了の見通しが立っていない。そればかりかアレバ社自身が経営危機に陥り国営企業となった。

続きを読む...

逆平面ヘテロ接合型ペロブスカイト太陽電池が世界最高性能達成

躍進著しいペロブスカイト太陽電池には,大きく分けていわゆる①ナノ構造型、②平面ヘテロ接合型、③逆構造型の3種がある。

続きを読む...

CO2をメタノールに変換する新触媒

ペンシルベニア州の研究チームは、温室効果ガスであるCO2をメタノールなどの燃料に変換する新型触媒を開発した。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.