太陽フレア、磁気嵐が地球に到達へ 電力網に影響も

(CNN) 大規模な太陽フレアに伴う磁気嵐が米国時間の13日に地球に到達し、電力網や無線、衛星通信に影響が出る恐れがあるとして、米海洋大気局(NOAA)の宇宙天気予報センターが警戒情報を出して注意を呼びかけた。

米航空宇宙局(NASA)によると、太陽表面で10日にかけて2つの太陽フレアが発生し、特に10日の太陽フレアは規模が大きかった。この2つのフレアに伴ってコロナ質量放出と呼ばれる現象が発生。放出されたエネルギーが地球に向かっている。

記事元:CNN.co.jp

「吉田調書」報道 朝日新聞が謝罪「記者の思い込みとチェック不足が原因」

 朝日新聞は11日、福島第一原発事故で、現場の指揮をとった吉田昌郎所長の証言をまとめた「吉田調書」をめぐる報道について会見。「誤った部分があった」として謝罪し、一連の報道の経緯について説明した。

記事元:THE PAGE

 

海流出、さらに2兆ベクレル=ストロンチウムとセシウム―福島第1

 東京電力福島第1原発から放射性物質が海に流出している問題で、今年5月までの10カ月間に第1原発の港湾内に出たストロンチウム90とセシウム137が計約2兆ベクレルに上る可能性が高いことが7日、東電の資料などで分かった。
二つの放射性物質だけで、第1原発の事故前の放出管理目標値の10倍を超える。事故に伴う深刻な海洋汚染が続いていることが浮き彫りとなった。

記事元:時事通信

放射能、2ルートで関東に セシウム汚染図12都県分

 東京電力福島第一原発事故で飛散した放射性物質について、文部科学省による12都県分の汚染マップが公表された。関東地方では、栃木、群馬の北部、茨城 南部などで比較的、汚染度が高い地域がある一方で、東京、神奈川の首都汚染はごく一部にとどまった。この違いには天候や風向きが深くかかわっていた。

[Read More]

記事元:朝日新聞digital

原発安全対策に2・2兆円 40年運転では回収困難 電力9社アンケート

 東京電力福島第1原発事故後、電力9社が原発(47基)に投じる安全対策の総額が約2・2兆円に膨らみ、原子炉等規制法で定められた運転期間(40年) を超えて長期運転しなければ、電気料金からの投資回収が一部で難しいことが、西日本新聞が実施した9社へのアンケートで分かった。原発再稼働に向けて新規 制基準をクリアするには多額の安全投資が不可欠だが、投資するほど原発は止められず、脱原発を望む世論とは懸け離れる。

記事元:qBiz 西日本新聞経済電子版

Fukushima radioactive water 'ice plug' plan fails

TEPCO説明では氷壁工法の不具合は充填材で対処するという発表であった。海外メデイアはこれを計画の失敗として報じている。その例が以下に示すTelegraphの記事である。

続きを読む...

福島第1原発 「氷の壁」に充てん剤を投入するなど新たな対策へ

 福島第1原発で地下の汚染水を凍らせる工事が難航している問題で、東京電力は、氷の壁に充てん剤を投入するなどの新たな対策をとることを明らかにした。
福島第1原発では、地下のトンネルにたまった高濃度汚染水を抜き取るために、氷の壁でせき止める作業が進められているが、これまでに400トン以上の大量の氷やドライアイスを投入しても凍らず、工事が難航している。

続きを読む...

Thorium Plasma Battery Technology - Wrongly Top Secret?

Why disruptive new Thorium Plasma Battery Technology is deliberately being hidden from the public by Uncle Sam...

 

トリウムの核反応でプラズマをつくり、バッテリーに応用すれば安全な新エネルギー源となる。しかしその研究に携わる5人のうち2人は死亡、2人は行方不明。残る一人は...

 

元記事:http://www.open.salon.com/blog/green_energy_reports/2011/07/01/thorium_plasma_battery_technology_-_wrongly_top_secret

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.