福島のデータが語る「体内被曝」の現実

関東15市町で実施されている最新検査で、子どもたちの尿の7割からセシウムが検出されていたことがわかった。

週刊朝日10月4日号電子版 (http://dot.asahi.com/wa/2013092500046.html)

 

記事元:木村 正人

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20131125-00030103/

福島第1原発、全て廃炉=東電、5、6号機も来年1月末―放射能漏れ事故処理に集中

 東京電力は18日の取締役会で福島第1原発5、6号機の廃炉を決定し、経済産業相に届け出た。廃止は2014年1月31日付。東電は福島第1原発につい て、11年3月の東日本大震災で放射能漏れ事故を起こした1~4号機の廃炉を既に決めており、同原発の全ての原子炉が廃止される。今後、1~4号機の廃炉 作業や放射能汚染水問題などの事故対応に一段と重点を置く。

記事元 時事通信

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/311eq_fukushima_1np/?id=6101018

地下水の高濃度汚染を計測=港湾近く、6万3000ベクレル―福島第1

 東京電力は17日、福島第1原発1号機の港湾から5メートルの観測用井戸で16日に採取した地下水から、ストロンチウム90などのベータ線を出す放射性 物質が1リットル当たり6万3000ベクレル検出されたと発表した。この井戸の地下水ではこれまでの最高値が同67ベクレルだった。
 東電によると、この場所は海への流出防止策である土壌への止水剤注入や地下水のくみ上げ作業が行われていない。汚染された地下水はそのまま港湾内に流れ込んでいるとみられる。東電が定めた汚染水の暫定排出濃度基準はストロンチウム90で同10ベクレル未満。 


記事元 時事通信 12月17日(火)9時36分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131217-00000031-jij-soci

福島第1 汚染地下水くみ上げ再開 放射能濃度が急上昇

 福島第1原発の地上タンクから約300トンの汚染水が漏れた問題で、東京電力は10日、試験的に行った地下水のくみ上げを再開した。2日のくみ上げ停止後、地下水の放射能濃度が急上昇したため。

記事元 河北新報 2013年12月11日水曜日

http://www.kahoku.co.jp/news/2013/12/20131211t63022.htm

 

 

1、2号機排気筒で25シーベルト?屋外最高値

 東京電力は6日、福島第1原発1、2号機の排気筒の根元部分につながる配管の表面付近の放射線量について、毎時約25シーベルト(2万5000ミリシー ベルト)に達する可能性があると発表した。この配管付近の線量は、2011年8月に計測限界に相当する同10シーベルト以上と確認されていた。推定値では あるが敷地屋外では過去最高の値となる。

毎日新聞 12月6日(金)22時43分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131206-00000111-mai-soci

「極めて危険」な放射性物質、メキシコで盗難 IAEA

【AFP=時事】(写真追加)メキシコの首都メキシコ市(Mexico City)近郊のテポハコ(Tepojaco)で2日、「極めて危険」な潜在性がある医療用放射性物質を積載したトラックが強盗団に盗まれていたことを、国際原子力機関(IAEA)が4日発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131204-00000047-jij_afp-int

記事元 AFP=時事 12月4日(水)20時13分配信

 

フォローアップ

【AFP=時事】メキシコ中部のイダルゴ(Hidalgo)州で2日に放射性物質「コバルト60」が入った医療機器を放射性廃棄物貯蔵施設に運んでいたト ラックを強奪したとみられる男6人が身柄を拘束され、中部地域の病院で放射線症の治療を受けていることが分かった。複数の当局者が6日、明らかにした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131207-00000026-jij_afp-int

記事元 AFP=時事 12月7日(土)15時43分配信

 

 

核実験の有無を早く判断 新システム公開

 核実験の有無をこれまでの20分の1の時間で判断する新たなシステムが26日、オーストリア・ウィーンで公開された。

 このシステムは日本政府がCTBTO(包括的核実験禁止条約機構)に約6000万円を拠出して完成した。大気中の放射性物質などの分析を行い、核実験が行われたかどうかを判断でき、要する時間はこれまでの20分の1ですむという。

 また、福島第一原発のような事故が起きた場合、放射性物質の拡散を予測する精度も上がるという。

記事元:日本テレビ系(NNN) 11月27日(水)8時18分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20131127-00000014-nnn-int

IAEA 来月8日にイランの重水生産施設査察へ

 IAEA=国際原子力機関の天野事務局長は28日、イラン西部の重水生産施設の査察を来月8日に行うとの見通しを示しました。イラン側と合意した査察拡大の第一弾となります。

 「本日、アラクにある重水製造施設の査察を、12月8日に認めるとの通知を受けた」(IAEA 天野之弥事務局長)

 IAEAとイランは今月、査察対象の拡大などを盛り込んだ共同宣言に署名していて、来月8日の査察は、その第一弾となります。この施設は、プルトニウム の生産が懸念される西部アラクの重水炉に関連していて、欧米など6か国とイランの協議では、重水炉自体の建設を中断することで、合意しています。

 天野事務局長は、前進することは重要だが、「まだやるべきことが多くある」と述べて、核爆弾に関連する起爆実験を行ったとされるパルチン軍事施設の査察を含め、今後の課題に取り組む姿勢を示しました。(29日05:20)

記事元:TBS系(JNN) 11月29日(金)6時38分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20131129-00000014-jnn-int

 

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.