福島第1原発 「氷の壁」に充てん剤を投入するなど新たな対策へ

 福島第1原発で地下の汚染水を凍らせる工事が難航している問題で、東京電力は、氷の壁に充てん剤を投入するなどの新たな対策をとることを明らかにした。
福島第1原発では、地下のトンネルにたまった高濃度汚染水を抜き取るために、氷の壁でせき止める作業が進められているが、これまでに400トン以上の大量の氷やドライアイスを投入しても凍らず、工事が難航している。

続きを読む...

Thorium Plasma Battery Technology - Wrongly Top Secret?

Why disruptive new Thorium Plasma Battery Technology is deliberately being hidden from the public by Uncle Sam...

 

トリウムの核反応でプラズマをつくり、バッテリーに応用すれば安全な新エネルギー源となる。しかしその研究に携わる5人のうち2人は死亡、2人は行方不明。残る一人は...

 

元記事:http://www.open.salon.com/blog/green_energy_reports/2011/07/01/thorium_plasma_battery_technology_-_wrongly_top_secret

量子物理】量子チェシャ猫を見つけた

最近予測された「量子チェシャ猫」が初めて実験的に実証されたことを報告する論文が、今週掲載される。

量子チェシャ猫とは、粒子(例えば、光子や中性子)とその物性の1つ(例えば、偏極や磁気モーメント)が分離する現象のことだ。

 

出典:Nature Japan 注目の論文(http://www.natureasia.com/ja-jp/clinical/research/9381)

 

CTの被曝量をごぞんじでしょうか?

東京電力の発表を見ると、2014年に福島原発で作業をされた方の中で、その月々に最も被曝したと報告される人の被曝量がおおよそ1~10ミリ シーベルトの水準となっていた。2014年6月分も7月末に発表されており、「外部被曝線量の最大値は14.99ミリシーベルト。内部被ばく線量で有意な 値は確認されていない」と報告している。

続きを読む...

自然にできた原子炉-ガボンの奇跡

 原子力は人類が発見した技術で原子炉は技術の粋をつくして設計してはじめて動作すると誰もが考えて来た。IAEAによれば世界で稼働中の原子炉の数は400基だそうだが、正確にはひとつだけ見落としがあったのである。自然でできた原子炉が西アフリカ、ガボン(注)で発見されたことが話題になっている。

続きを読む...

原発建設計画270基超 日本を凌駕する中国の原子力に依存する日

福島第一原発事故後、反原発ムードや将来が見通せない現状に嫌気が差し、多くの原子力エンジニアがその職を捨てている。そんな日本を尻目に、隣国・中国では国家の強力な後押しにより、原子力が発展している。中国で話した原子力エンジニアは自信に満ち溢れていた─。

 

元記事:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140708-00010001-wedge-cn&p=1

Pd多層膜の重水素透過による元素変換の観測

三菱重工の先端技術研究センターはPd触媒作用によりCsをPrに「元素変換」する技術を開発した。よく知られているようにCs137は核生成物の有害な同位体で、福島原発の際に大量に大気中に放出され太平洋に流れ込んだ一部は生物濃縮で北米海岸の魚を汚染しているとされ話題になっている。

続きを読む...

Fukushima struggling to build ice wall to plug leak-氷壁工事に問題発覚か

東電は福島第一原発の放射能に汚染された地下水対策として期待されている氷壁工事に技術的問題があることを認めた。


記事元:Yahoo News(英語)

http://news.yahoo.com/fukushima-struggling-build-ice-wall-plug-leak-105302345.html

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.