核融合エネルギー実験で画期的前進

 米エネルギー省のローレンス・リバモア国立研究所の科学者らが、核融合プロセスのエネルギー取り出し実験で画期的な前進を遂げたことが明らかになった。実用化されれば低コストの無限のエネルギー源となるとみられている。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

ローレンス・リバモア国立研究所がみいだした自己加熱に関する研究結果は以下の雑誌に掲載された。

Nature 506, 343 (2014)

You have no rights to post comments

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.