転移した脳腫瘍の放射線治療…病巣にピンポイント照射で、認知障害リスク低減

他の臓器にできたがんが脳に転移した「転移性脳腫瘍」の放射線治療で、病巣にピンポイントで照射する方が脳全体に照射するよりも、認知障害などのリスクが低くなるとする研究結果を、国立がん研究センターなどの医師らでつくる研究グループが発表した。

 転移性脳腫瘍は、がん患者の約1割に起こる。腫瘍の摘出手術を行った後、再発を防ぐため、脳全体に放射線を照射する「全脳照射療法」が標準治療とされている。しかし、腫瘍以外の脳の正常な部分にも放射線があたるため、記憶力や集中力が衰えるなど、認知機能に悪影響が出るケースもある。

 研究を行ったのは、全国のがん治療施設の医師らでつくる「日本臨床腫瘍研究グループ」の脳腫瘍グループ。グループは2006年2月~14年5月、腫瘍が4個以下で、最大の大きさが3センチを超えるものが一つのみの転移性脳腫瘍の患者271人を対象に実施した。

 腫瘍摘出後に全脳照射療法を受けた137人と、腫瘍のみに照射する「定位放射線照射療法」を受けた134人の経過を調べたところ、手術後3か月以降に副作用で認知障害が起こる割合は、全脳照射療法の16・4%に対し、定位放射線照射療法は7・7%と低かった。生存期間(中央値)は、いずれも15・6か月と変わらなかった。

 グループ代表者で山形大医学部参与の嘉山孝正さんは「認知障害を軽減できれば、患者さんの生活の質が大きく改善することが期待できる。定位放射線照射療法を標準治療として確立したい」と話している。

 

yomiDr. 

You have no rights to post comments

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.