水素発電とは何か? 安全性や市場成長率は? 水素自動車との仕組みの違いを理解する

水素を“燃料”に電気を作り、電気モーターを回して走るのが「水素自動車(燃料電池車/FCV)」だが、水素から作った電気を家庭や事業者に送るのが「水素発電」。水素はCO2(二酸化炭素)を発生しないエネルギー源で将来性があるが、特に水素発電は、LNGや石炭に比べてコストが高い欠点を克服できれば大きく成長できると予測されている。本稿ではその詳細について説明する。

<目次>

  1. 水素発電が注目される理由、そのメリットは?
  2. 水素のエネルギー利用には2種類の方法がある
  3. 水素発電の安全対策はどうなっている?
  4. 安倍内閣「水素基本戦略」、水素発電の本格導入を明記
  5. 川崎重工と大林組が神戸に水素発電プラント建設
  6. 2030年までに水素発電の国内市場は11倍に
  7. 水素エネルギーの国際競争環境は?
  8. 水素発電の課題は「コストの高さ」
  9. 水素が日本の経済、社会を大きく変える

 

ビジネス+IT

You have no rights to post comments

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.