次世代加速器建設の是非 村山斉氏「国際研究拠点に意義」 観山正見氏「国民の共感得られず」

物理学者の国際組織が岩手・宮城両県の北上山地に建設を目指す次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」をめぐる議論が本格化している。建設の是非について日本学術会議が今月、審議を開始し、政府は年内にも最終決定する見通しだ。新たな物理法則の発見が期待される一方、日本が分担する巨額の建設費への懸念も根強い。推進派の村山斉・米カリフォルニア大バークレー校教授と、慎重派の観山正見・広島大特任教授に聞いた。(科学部 伊藤壽一郎)

村山斉・米カリフォルニア大バークレー校教授

 --ILCで期待できる成果は

 「電子と陽電子をほぼ光速に加速して衝突させ、宇宙誕生時のビッグバンに近い超高エネルギー状態を再現し、宇宙がどう始まり現在の世界が成り立ってきたかなどの謎に迫る。2012年に発見されたヒッグス粒子を詳しく調べ、素粒子物理学の基本である標準理論を超える新たな物理法則の発見を目指す。未知の暗黒物質が発見される可能性もある。どれもノーベル賞に値する成果だ」

 --日本にとってのメリットは

 「日本の将来への貢献になる。天然資源が乏しい日本は、頭脳の力で繁栄してきた。だが最近は基礎科学に用いる大型研究施設の年間予算が10年前の半分に減り、将来への投資をやめる国になってしまった。将来へきちんと投資して次の世代を作り、若者を啓発しないと日本の将来を支えていけない」

 

産経新聞

You have no rights to post comments

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.