がん治療にアルファ線…医療用放射性物質、研究進む

私たちの周囲には、天然の放射性物質が数多くあり、全ての生き物は日常的に放射線を受けている。放射線は大量に浴びると有害だが、上手に使えば、がんなどの病気を発見したり、治療したりするための、強力な道具になる。最先端の研究現場を訪ねた。(出水翔太朗)

的確に標的へ

 放射線には様々な種類がある。従来、がんの治療に使われてきたのは、物質を貫く力が大きい「ベータ線」だった。がん細胞は確かに死ぬが、周囲の健康な細胞にも同じ影響がある。

 そこで近年、注目を集めるのは「アルファ線」だ。アルファ線は物質を通り抜ける力が非常に弱く、紙1枚でも止められる一方、止まる際に大きなエネルギーを出す。

 「アルファ線を出す放射性物質をがん細胞まで誘導すれば、健康な細胞への悪影響を避けられる」と、放射線医学総合研究所(千葉市)の永津弘太郎・研究統括は話す。永津さんらは加速器を用いてヘリウムイオンを金属元素「ビスマス」にぶつけ、アルファ線を出す物質「アスタチン211」を作っている。

 研究のポイントは、アスタチン211を的確にがん細胞に届ける工夫だ。永津さんらは、がん細胞の表面に現れるたんぱく質にくっつく「抗体」に着目。抗体をアスタチン211と結びつけて、放射性医薬の候補を作り出した。薬が自分でがん細胞を見つけ出す仕組みだ。動物実験では、転移した胃がんが縮小、消滅する効果が確認できたという。

 アルファ線による治療は、欧米を中心に盛んに研究されている。日本でも、骨に転移した前立腺がんの治療薬が使われている。

 永津さんは現在、より多くのアルファ線を出せる放射性物質の作製に取り組む。「放射性医薬による治療の効果は大きく、今後も発展するだろう」と話す。

国産化目指す

 医療に欠かせないのに、供給不足に悩まされてきた放射性物質がある。心臓機能などの検査に使われる「テクネチウム99m」だ。国内で最も使われる、医療用の放射性物質だ。原料は同様に放射性物質の「モリブデン99」。半減期が約66時間のため長期保存できない。

 モリブデン99はすべて、外国の原子炉で作られている。原子炉設備や輸送に問題が生じるたびに品薄になり、今年も供給が制限される事態が相次いでいる。日本原子力研究開発機構の研究炉で生産する構想もあったが、この炉は廃炉が決まっている。

 量子科学技術研究開発機構の永井泰樹研究員(原子核物理)らの研究グループは、原子炉ではなく加速器を使い、国産でモリブデン99を生産するための研究を重ねている。資金があれば国産化できるところまでこぎつけた。永井研究員は「供給不足が起こると分かっていながら、海外頼みのままでいいのか。国産化に向けた具体策を真剣に考える時期が来ている」と主張する。

 

yomiDr.

You have no rights to post comments

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.