米、プルトニウム削減を日本に要求 核不拡散で懸念

米政府が、日本が保有するプルトニウムの削減を求めてきたことが9日分かった。プルトニウムは原子力発電所から出る使用済み核燃料の再処理で生じ、核兵器の原料にもなるため、米側は核不拡散の観点から懸念を示す。日本は保有量の増加を抑える上限制(キャップ制)を導入し理解を求める。プルトニウムを再利用する核燃料サイクルを進める日本の原子力政策に影響を与えそうだ。

 

日本経済新聞

 

関連記事

日本が保有するプルトニウムでは核武装はできない日本が保有するプルトニウムでは核武装はできない

河田 東海夫

元原子力発電環境整備機構(NUMO)理事

You have no rights to post comments

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.