PETで薬剤の集積状況を画像化

「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」はがん細胞に十分な量のホウ素薬剤(BPA)が集積していることが治療の前提だ。薬剤の集積が良好ながんは、中性子の吸収(捕捉)が良く、確実な治療効果が得られる。

 治療前の陽電子放射断層撮影装置(PET)検査は、がん細胞への薬剤の集積状況を画像化し、あらかじめ治療の適応、不適応を判断できる。治療効果を事前に"見える化"できるのがBNCTの最大の特徴だ。

畑澤順大阪大学教授は「PET検査でBNCTが効く可能性がある人だけに治療できる。周辺の正常な臓器にも被ばくを防ぐことができ、二重三重で安全性を担保できる」と話す。検査による患者の選別で効率性が高く、安全な運用が可能だ。

PETで薬剤の体内での分布を画像化するためには、BPAに陽電子放出物質のフッ素(18F)を結合させたFBPAという物質を合成し、ごく微量のFBPAを投与する必要がある。これにより、がんへの集積を確認できるほか、がんの悪性度と相関関係にある集積比も予測できる。

 

ニュースイッ

 

You have no rights to post comments

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.