11 Facts About The Ongoing Fukushima Nuclear Holocaust

11 Facts About The Ongoing Fukushima Nuclear Holocaust That Are Almost Too Horrifying To Believe

上記サイトでは以下の11の事実は福島の原発事故の影響は悲惨な結果につながる、と警告しています。だまっていると世界からこのような悲惨な結果を無視しているととられかねません。以下のAnsは私見ですので、皆さんも検討していただきたいと思います。コメントいただければ幸いです。ひとつひとつ言いがかり的な疑問に答えていくことが必要のように思えます。

続きを読む...

水素社会を支えるか−第4世代原子炉

 燃料電池車(FCV)の販売をトヨタが開始した。一方で2020年オリンピック村には水素が供給されて、定置型燃料電池(エネファームなど)による発電で、未来の水素社会の試金石ともいえるミニ水素社会が近いことを思わせる。燃料電池には水素以外の天然ガスも使えるが、温室ガスを出さないクリーンエネルギー源として期待されている。

続きを読む...

原油産出国のバブルの向かう先−現代版バベルの塔

 原油価格の下落で思わぬとばっちりを受けたロシア経済。OPEC総会で サウジアラビアが減産に踏み切らなかったことで、下げ止まりの希望は打ち消された。昨年末に、原油価格(北海ブレント)の13%下落を受けて、ルーブルは 23%急落したが、ロシア中央銀行の政策金利引き上げも効果なく、1ドル=70ルーブル台でGDP(国内総生産)の75%を石油と天然ガスに依存するロシ ア財政に打撃を与えた。ウクライナ問題の経済制裁も加わってロシア経済は窮地に追い込まれた。

続きを読む...

ウクライナのエネルギー問題—ロシアリスク

 このところ世界情勢を伝えるニュースでウクライナ問題が取り上げられることが多い。放射線と関係は薄いようであるが、歴史的な背景にはチェルノブイリ原子力発電所の核汚染やソ連時代の核兵器の処理、旺盛なエネルギー消費需要による原子炉建設など数々の問題がある。また天然ガスパイプラインを巡るロシアとの確執は、クリミア併合により紛争の火種となるリスクが高まった。

このような事情でウクライナの地政学的な概要を頭において、この国の実情を見直してみたい。

続きを読む...

ラドンの2面性ー温泉効果と肺癌リスク

 いまではノスタルジアを感じるラジウム温泉だが外国にもあった。カナダのブリテイッシュコロンビアにあるKootenay国立公園の中にあるラジウム温泉である。Kootenay国立公園はヨセミテ渓谷を思わせる湖と森が連なるアウトドア派にはもってこい場所である。より有名なアルバータ州のバンフ国立公園から立ち寄れるが交通の便は良くないため、あまり知られていないが地元では人気スポットである(下の写真)。

続きを読む...

国境セキュリテイについて

 海に囲まれた我が国の国境に関する意識はおそらく世界で最も低いのではないだろうか。成田空港へ車やバスで移動する際に、セキュリテイチェックがあり、検査官が車体(トランク)の目視を行い、身分証明書あるいはパスポートの掲示を求められる。

 筆者の記憶では検問が始ったきっかけは過激派の攻撃対象となったことだったように思う。外国の国境では車体下部にミラーで検査したり、麻薬犬を動員して検査を行い、相当数の密入国者(多くは不法労働目的)や違法薬物の検挙に成功を収めている。

続きを読む...

米国のエネルギー政策と原油価格下落

 車を運転する消費者にとって最近の原油価格の下落はガソリン価格に反映されるとありがたい気持ちになるし旅行者にはや燃費サーチャージの軽減はうれしいことは確かだが、原油下落が止まらなければ株価下落や世界的なエネルギー市場の再編につながる不安定さにつながる。

続きを読む...

基準値は緩和されるか−1mSvの意味

 福島第1原発事故の収拾の一環として原発付近の除染の目安である政府指針の1mSvを巡って、IAEAの発言が波紋を投げかけるとともに、除染の効果対費用比の拡大に伴う財政的見地から見直しの議論が高まっている。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.