海外で危険から身を守る−Part3アメリカ−カナダ間の出入国について

 前回は米国内の交通違反について説明した。今回はカナダ入国とカナダ国内での車の運転についてかくことにする。アメリカ合衆国からカナダ、メキシコは国境線(それぞれ8,891km、3,141km)を越えて陸路で移動することができる。バンクーバー−シアトルなど海岸線の都市間移動は船での移動も可能であるが、一番楽に出入国出来るのは空路移動である。

続きを読む...

電力貯蔵システムを支えるNASとレドックスフロー

 太陽光発電が順調に伸びてきて、電力会社の売電に規制がかかるほどになった。実際、すでに認可を受けている事業者の売電が始まれば、それだけでエネルギーミックスの20%が再生可能エネルギーになるという。  

続きを読む...

将来のエネルギーミックスについて

 関西電力と日本原子力発電は17日、運転開始から40年以上(注)たつ老朽原発計3基の廃炉を決め、いずれも4月27日に営業運転を終了すると届け出た。中国電力と九州電力も18日、老朽原発計2基の廃炉を決めて計5基の原発が廃炉となる。。一方、経済同友会は2030年における総発電電力量に占める原子力の比率を、20%を下限とする提言をまとめるなど、再稼働へ向けての動きが活発化している。

続きを読む...

巨大リグの原油市場へのインパクト

 原油価格下落の一端となったシェールオイル事業のリスクの高さは相次ぐ日本企業の投資失敗や稼働リグの減少で明らかになった。しかしこれまでのところリグ数の減少は生産量の減少に結びついていない。取引価格が下がると生産量を増やして採算性を確保できる掘削企業がより強くなり、採算性の低い企業が市場から退く、「格差」ならぬ「淘汰」が強まっている。

続きを読む...

エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)について

 固定価格買い取り制度とは英語でFeed-in Tariffで、国が法律でエネルギー買い取り価格を決めるしくみのことである。 再生可能エネルギーの普及を目的として設備投資に助成金が補助され、持続的に買い取り価格を保証するものである。

続きを読む...

再生可能エネルギー近未来像

 コージェネと複合エネルギー源の重要性についてはすでにかいた。原発事故以後に「再生可能エネルギー=脱原発」対「原発存続」を軸とした論争が起こってから久しい。原発停止の代替えは火力発電でまかなえている事実と再生可能エネルギーの電力買い取りが増えて規制が入るほどになったことから、いよいよ再生可能エネルギー派が勢力を増したかのようにみえる。しかし未来のエネルギー安定供給は「脱原発」という言葉で表現できるほど簡単ではない。

続きを読む...

コージェネレーションに託す未来社会

 未来のエネルギー源としての原子力については議論が絶えないが、再生可能エネルギーとエネルギー源の有効利用や省エネ技術等多岐に渡る観点から総合的に判断する必要がある。複雑な問題なので本コラムでは時間かけてじっくり考察して行きたいが、現実的に産業と家庭にとって電気料金の値上げは大きな問題である。

続きを読む...

「パンドラの箱」原子力と向き合う未来

 平和的原子力利用すなわち原子炉の歴史はは有名なフェルミの黒鉛型原子炉に始まる。フェルミはローマ大学サピエンザ(Sapienza)(注1)の生んだ著名な物理学者の一人である。大学構内が自由に満ちあふれる印象のローマ大学もムッソリーニ時代には大学の自治はなかった。フェルミはノーベル物理学賞の授賞式からローマ大物理教室に戻ることはなかった。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.