米国のエネルギー政策と原油価格下落

 車を運転する消費者にとって最近の原油価格の下落はガソリン価格に反映されるとありがたい気持ちになるし旅行者にはや燃費サーチャージの軽減はうれしいことは確かだが、原油下落が止まらなければ株価下落や世界的なエネルギー市場の再編につながる不安定さにつながる。

 

 原油価格の下落の原因の主要な原因のひとつは米国のシェールオイル/ガスの極端な増産にある。2000年前半も天然ガス価格上昇を受けてシェールオイル/ガス掘削技術の開発が行われ、水圧破砕や水平坑井といった高度な技術の完成により、シェールオイル/ガス生産は増大し、採算性がとれるようになった。2005年にはシェールガスの産出量はタイトガス(在来型天然ガス)の減産傾向をカバーして輸入量を上回った。世界一の消費国であった米国がエネルギー資源輸出国になったのである。下の図はシェールオイル/ガス採掘の模式図。自然に湧き出るのではなく特殊な砂にしみ込んだ成分を水圧で絞り出すイメージである。シェールガスの様々な問題点については別記事を参照されたい。結論をいえば「搾り取る」作業を継続する採算性の悪い資源である。

 

GasDepositDiagram copy

 シェールオイル/ガス増産は「再生可能エネルギーへのゆるやかな移行」という時代の流れに逆行するかのようである。何故、米国は枯渇する化石燃料を使い果たす方向に舵を切ったのだろうか。

 

前広な米国のクリーンエネルギー
 米国は2009年に誕生したオバマ政権発足時には風力、ソーラーといった再生可能エネルギーの利用促進や投資を景気回復、雇用創出のきっかけとする本来のクリーンエネルギー政策を掲げた。しかしやがて「クリーンエネルギー」に原子力、天然ガス、クリーンコールを加えて、現実路線をとる拡大クリーンエネルギー政策へと方針を転換した。現実的エネルギーへの投資拡大、利用促進を図ることで、エネルギー供給の安定化と自立を目指すことになった。

 

IRAN oilgas production

 石油より天然ガスの方が、エネルギー原価が安く温室ガス排出も少ない。天然ガスの増産傾向(上の図、イラン)にもかかわらず、世界的に天然ガス需要が増えたため価格の高騰傾向がある。つまり天然ガス増産は利益になるのである。また同時にエネルギー戦略において輸入すなわち中東依存からの脱却を目指すことも達成できるとすれば米国にとってシェールガス革命の持つ意味は大きい。国内の天然ガス生産を高めるには北米の豊富なシェールガス利用が近道である。

 イランは天然ガス埋蔵量世界第2位であるが、生産量を10 倍としてパイプラインを建設し、2015年からロシアが欧州に供給していた天然ガスの肩代わりに加えてアジアへの売り込みを計画している。石油から天然ガスへの移行を背景として、イラン新油田開発とパイプライン建設は天然ガス市場に与える影響が大きい。

 

fig4 2012-07-21-us-natural-gas-production

 

シェールガスで変わる原油市場
 天然ガスの成分はほぼメタンが主成分でエタン、プロパンなどの炭化水素が加わる。世界の生産量ではロシア、中東がほぼ1/3づつを占め、2005年までは北米生産量は少なかったがそれ以降、シェールガス生産は急速に拡大し、世界の化石燃料供給量を引き上げた。化石燃料の枯渇を目前に、時代に逆行する政策にどのような理由があるのだろうか。2005年からのシェールガスの増産のタイミングは2003年からのイランの天然ガス増産に呼応したかのようであることは興味深い。

 

混乱するエネルギー資源市場
 2009年のリーマンショックで一時的に、天然ガス価格は落ち込んだがその後、米国の国内生産が増えて国内価格は値下がりしたが、欧州と日本では価格が上昇し世界的な供給不足の傾向にあった。ロシアもウクライナ問題で供給が停滞し欧州諸国へのパイプラインでの天然ガス供給が減って、価格の高騰につながった。

 

 今後も米国は国内生産の増産を続ける予定である。再生利用エネルギー活用を看板にしながら、その一方で時代に逆行する化石燃料増産政策をとる米国。原油価格の下落はOPECが減産に踏み切らないため、今後も続きシェールガスには採算割れの試練が待っている。採算ラインは80-90ドル/バレルといわれれいるが、すでに60ドル/バレルも近い。原油価格の急落はベネズエラやサウジアラビア以外の中東産油国に痛手となる。米国の国内政策\であったエネルギー自給自足は(結果的に)世界的な原油供給体制にも大きく影響することになった。

  今後国内でも原発に変わる再生可能エネルギー移行のシナリオの議論が活発になると思われるが、現在をみれば枯渇しかけた化石燃料を使い続けようとするエネルギー消費大国の方向性は変わっていないようにみえる。

コメント   

# Tokuyama 2014年12月24日 22:08
サウジがシェール潰しをして仲間の産油国を裏切ったか、ロシア潰しでBRICSを弱体化させようとしているか、判別つきませんが...

いずれにせよシェールは先が短いので、やがては消えるが、増産しているベネズエラがダークホースとなり、再び混乱が起きるでしょう。

その頃、核融合が実用化、となるのでトリチウムと重水素を確保すべき、かな。。。

You have no rights to post comments

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.