Wi-Fi@Starbucks

 日本国内のスターバックスでWi-Fiを利用する場合、最初にユーザー登録する必要がある。ネット環境が使える場所で登録サイト(または検索して"at_STARBUCKS_Wi2"をクリック)にアクセスし、登録しておけば、国内のスターバックスでWi-Fiが使える。

 米国の場合、ネットワークブラウザーで"digital.starbucks.com"を検索し、"Wi-Fi Auth | Starbucks Coffee Company"をクリックして "accept & Connect"フォームの終わりを、クリックすれば使えるようになる。(日本のようにユーザー登録は必要ない。)

 設定ではログインIDが登録したメールアドレスになる。スターバックス(銀座にある店舗)のフリーWi-Fiを使用してみた。たまに途中でブラウザーがフリーズすることがあった。フリーWi-Fiはスターバックスに限らす、セキュリティ面では問題がある点を承知して使うのであれば、非常に便利である(国外での使用は別記事も参照のこと)。登録後は、スターバックス店内にて、右図のat_STARBUCKS_Wi2を選び、ブラウザーを開くと上記設定画面が出てくるで、ログインIDとパスワードを入力する。

 

f1 copy copy

 速度を測定した結果はStarbucks Wi-Fiは12.44Mbps(上り9.91Mbps、下り12.44Mbps)、WiMAXが526.4Kbps(上り498.79Kbps、下り526.4Kbps)で、Starbucks Wi-Fiの方が高速であることがわかった。(このデータは、ほぼ同時刻、同一場所でのデータであるが、時間帯やトラフィック状況によって速度は異なる)

f2

 フリーズしやすい原因は不明。港区内で、WiMAX通信速度は4.18Mbps(上り1.17Mbps、下り4.18Mbps)の為、もしかすると、Starbucksは店外にWi-Fi電波が漏れるのを防ぐためにシールドしているのかもしれない。

 Starbucks フリーWi-Fiを使う時の注意点として、パスワードを忘れた場合、同じメールアドレスで再度設定することが出来ないので、パスワードを忘れないようにすることが重要である。
今回使用したWiMAXルーターはURoad-8000で2年前の機種であるため、最新のルーターまたはWiMAX2+ではさらに高速通信環境になる可能性がある。利用方法についてはこのサイトに記載されているので一読されたい。

最近、地下鉄など公共施設でもWi-Fiが使えるようになってきたが、登録が必要であったり、有料であったりする。事前設定なしで、すぐに使えるWi-Fiは非常に少ないため、良く訪れる地域のフリーWi-Fiが有料・無料かも含め、緊急用として事前に登録しておくことをお勧めする。

 

f3

You have no rights to post comments

hitachihightec

hitachihightec science

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.