味噌に隠された放射線防御効果

福島の原発事故の際にひまわりや麻の持つ除染作用が話題になったが、今自然食品の持つ放射線防御作用が注目されている。広島大の渡辺名誉教授が発表した論文、" Beneficial Biological Effects of Miso with Reference to Radiation Injury, Cancer and Hypertension"は科学的に味噌の放射線防御効果を明らかにしたとして欧米の研究者の注目を集めている。

続きを読む...

放射線防護に効く自然食品とは

福島第一の事故のニュースは世界中を駆け巡ったが、原子炉による汚染ばかりでなくウクライナ問題や中東での戦争のリスクが高まると局地的な核使用もリスクとして考えざるをえない。そんな中で放射線被爆を防ぐ(というより被爆後の健康被害を抑える)自然食品が注目されている。まゆつば物も多いと思うかもしれないが科学的に検証されている幾つかの食品を紹介する。

続きを読む...

年間許容線量の根拠

「上から目線」の丸川議員の失言、「年間1mSv以下に何の根拠もない」が波紋を投げかけている。周りを見渡せば北方担当大臣が「歯舞」が読めないのと同等な気がするし、福島問題では多くの大臣・官僚の失言が相次いだことも記憶に新しい。

続きを読む...

SITでZika熱対策に乗り出すIAEA

Zika熱は1947年にウガンダで発見されウイルスバンクにロックフェラー財団が提供した株から凍結乾燥体を購入できる。そのZikaウイルスがブラジルを中心に中南米で猛威を奮い、カナダやアメリカにも飛び火して大流行の兆しが見えている。

続きを読む...

長崎型原爆のその後−量産型核兵器の歴史と教訓

冷戦後に軍拡競争によって共に疲弊した米ソ両国が歩み寄り大量殺戮兵器である核兵器の解体が本格化した。チェルノブイリ原発事故が起きた1986年のソ蓮崩壊をきっかけにピークに達したソ連(ロシア)の保有数が5,000のラインまで減った。一方、米国の保有数は政権に依存して階段状に低下し終局的にはロシアと平衡を保つ5,000ライン付近で落ち着いている。

続きを読む...

日本の癌罹患率〜福島の癌は少ない

福島の甲状腺癌発生率の有無が注目を浴びている。日本の癌発生率統計の都道府県比較が1975年から各都道府県が癌登録を行い、2011年に国立がん研究センターが「全国がん罹患モニタリング集計(MCIJ)2011年罹患数・率報告」をまとめた。

続きを読む...

福島第一の線量評価とメルトダウンの関係

福島原発事故から5年目を迎えるいま「福島の甲状腺癌発生率が30倍となった」という論文(Tsuda et al. Epidemiology, 2015)に対して、「みつかった甲状腺癌の起源は原発事故による汚染にない」とする意見や「癌発生はさらに増えて(311前の)100倍規模となる」とする悲観的な警告にいたるまで様々な意見が存在する。このような状況で一番苦しんでいるのは子供が被曝したかもしれないと思い込んでいる親たちだろう。体内被曝が少ないという(早野教授の開発したBaby Scanも含め)福島のフルボデイカウンター計測結果に、希望を託す状況が続いている。

続きを読む...

Pal system食品の放射線検査結果について

Pal systemというのは生協の食料品販売システムのことで、放射能自主検査を行った結果を公開し、安全が保障された食品の供給に努めている。311から6年目を迎えても毎日の食卓にのぼる食品の放射線計測値が気になる。最新の結果(2015/12/14)の計測結果を以下に転載する。産地はPal systemの所在で変わるがそれぞれに放射線計測結果は通知されるので、利用者は一読するとよい。計測値が品目と産地に強く依存することがわかる。今回のPal system放射線計測結果は福島から100km離れた地域のもの。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.