放射線の真実

テユーリンゲンの地下探査〜ナチスの核兵器を追って

NBCニュースによれば、テユーリンゲンの地下に隠された核兵器を探査して、ドイツの原爆製造の真相を解明しようとする計画が進行中である。

東京に降ったセシウム・フォールアウトについて

福島第一原発の事故による放射性微粒子が数日後に東京にフォールアウトとなり降り注いだ。最新の研究でその詳細が明らかになってきた。フォールアウトの状態は"Glassy Soot"と呼ばれる「水に溶けないガラス状の微粒子」だった。

癌完全治癒に向けてのオンコロジストのメッセージ

オンコロジーは形式的には「腫瘍学」となり悪性細胞すなわち癌細胞の化学療法や放射線療法を含む多岐にわたる治療のことである。サイコオンコロジーという精神医療分野もあり、現代医学の巨大な一分野である。しかしできれば関係を持ちたくないと誰もが願っているだろう。実際、著名なオンコロジストは放射線治療の被曝を完全否定して批判されているし、化学的治療が形骸化し薬会社の利権によって歪められているという話はよくきく。癌の存在が薬会社の利益を支えているので、癌がなくなれば廃業せざるを得ないから当然と言えなくもない。そのオンコロジストの一人が完全な癌治癒の未来が近いという。さてあなたなら信じられるだろうか。

600トンの溶融核燃料の所在が不明のまま

5年後の現在いまだに福島第一1-3号機の溶融核燃料の所在が不明である。当初から燃料棒の一部の金属がフォールアウトの粒子から検出されたり、ミューオン透視で圧力容器の底には残っていないことが、判明している。しかフォールアウトにウランの他に被覆に使われるジルコニウムが検出されている(注1)また格納容器の底より深く沈み込んでいることも懸念されている。

ロサンゼルス放射能漏れの事実が明らかに

放射能汚染に関する情報隠しは日本に限ったことではないらしい。ロサンゼルス市の中心近くに核施設があることも驚きだが、放射能環境汚染で健康被害を訴える周辺住民や核汚染リスクが全米屈指の大都市を襲うことが懸念されている。このことについては先に記事をかいたがここで紹介するのはぞの続報で、南カリフォルニアNBCは何度もこのテーマで報道し続けている。そのくらい住民には関心のある話題なのだ。

ロスアトムに協力したクリントン

原子炉ビジネスの最近の傾向は燃料であるウランを原子炉建設と一緒に供給し、核燃料廃棄物の後処理まで一切のサービスを提供する「原子力総合サービス事業」へのシフトである。ウランの採掘から燃料棒に加工する工程は多大な労働力と電力を必要とする。またウラン採掘は限られた国と企業が取り仕切る「閉ざされた市場」である。後処理に至っては原子力先進国ですら保管施設や最終処理施設が宙に浮いたままである。

核廃棄物保管に積極的なオーストラリア

原子炉コスト高騰と住民反対運動を別にしても、地震などの災害時の安全保障と核燃料廃棄物の後処理の問題が深刻化している。どちらも周辺地域の住民の健康と生命を脅かすものだが、各施設に分散されて保存されている放射性廃棄物の中間保存施設を集約することが模索されている。

癌は人間が作り出した病気なのか

「健康診断で癌の疑いがあるとされた98%が癌でない」という統計が話題を呼んでいる。癌細胞が成長していない場合は生検をしても癌細胞を外せば陽性にならないので、悪性か良性かの判断は難しい。乳癌ではリスク予防のための切除手術も一般的であるが、最近は癌発生と成長メカニズムに関する研究が進展し、化学療法や放射線治療が見直され、「疑わしければ切除か放射線治療」といった荒っぽい治療法は過去のものとなりつつある。

Login

スポンサーサイト

最近のコメント

  • ホンダジェット成功の秘密
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 高速増殖炉は何故うまくいかないのか
  • 放射光リングの持続性について〜加速器の経済学
  • 放射光リングの持続性について〜加速器の経済学
  • 癌完全治癒に向けてのオンコロジストのメッセージ
  • ヘリウム危機で早まるか高温超伝導の実用化

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.