癌完全治癒に向けてのオンコロジストのメッセージ

オンコロジーは形式的には「腫瘍学」となり悪性細胞すなわち癌細胞の化学療法や放射線療法を含む多岐にわたる治療のことである。サイコオンコロジーという精神医療分野もあり、現代医学の巨大な一分野である。しかしできれば関係を持ちたくないと誰もが願っているだろう。実際、著名なオンコロジストは放射線治療の被曝を完全否定して批判されているし、化学的治療が形骸化し薬会社の利権によって歪められているという話はよくきく。癌の存在が薬会社の利益を支えているので、癌がなくなれば廃業せざるを得ないから当然と言えなくもない。そのオンコロジストの一人が完全な癌治癒の未来が近いという。さてあなたなら信じられるだろうか。

 

 

しかし安心してほしい。高価な新薬治療を押し付けるのでも高価な放射線治療でもない。ロンドンの病院に勤務するクリスステレイト教授によれば「免疫療法」(Immunotherapy、Immunology)が、驚異的なスピードで進んでおり、苦痛や財政的問題、あるいは被曝といった問題なしの癌治療が可能になりつつある、というのだ。疑わしいとは思いつつ耳を傾ける価値はありそうである。

 

bdyDurableTCells

Source: fightcancerwithimmunotherapy.com 

 

クリステレイト教授はこれまでの癌治療は副作用や被曝を伴うもので、「治療」と呼べる代物ではなかったという。教授は免疫療法の登場ではじめて癌治療と呼べる手法を持つことができたと主張する。免疫療法で治癒できた患者は再発しないのだという。

ではなぜ免疫療法が優れているのだろうか。癌細胞が生きる、幹細胞が複製しつづける、ことは一言でいえば免疫細胞から逃れる能力を身につけているからである。免疫療法の目指すのは眠っている免疫システムを働かせて、癌細胞と戦わせることにある。免疫療法といえば消極的なニュアンスにとられることが多いが、実は攻撃的な療法なのである。

免疫療法の一部は癌細胞を標的化して免疫細胞が集中攻撃しやすくするし、単に免疫力を向上させるものまで多岐にわたる。効果が確認されているものに肺癌、皮膚癌、肝臓癌、膀胱癌、頭部と首の癌などがある。しかし免疫療法の効果を高めるにはオンコロジストと相談をして最良の方法をとるべきだという。

 

いくつかの免疫療法について

Monoclonal antibodies(モノクローナル抗体)

標的となる細胞に取り付いて攻撃し死滅させる能力を有する。標的化する機能を併せ持つものも開発されている。

 

2000px-Monoclonal antibodies.svg copy

Source: Wiki

 

Adoptive cell transfer

免疫システムの一部であるT細胞の能力を高める。意図的に放射線照射などで免疫システムを低下させたのちに投与すると、免疫性を再び高めようとする性質を利用する場合もある。

 

nri3191-f2 copy

Source: nature reviews immunology

 

Cytokines

免疫作用に関係するたんぱく質で人によって異なる。投与によって免疫性を高めることができる。

Treatment Vaccines

免疫システムの能力を高めて癌細胞の攻撃能力を増大させる。

BCG

Bacillus Calmette-Guerin。膀胱癌専用の免疫療法。

 

これらの治療法は専門性が高いのでオンコロジストの紹介で専門医をみつけることができる。しかしオンコロジストの中には免疫療法に消極的で時には頭から否定してかかる医者もいる。そういう医者は最新医療の実情をしらないか薬会社あるいは放射線治療システムメーカーから恩恵を受けているのかもしれない。CTや放射線治療で被曝はない、と力説するオンコロジストは怪しい。

患者も事前によく調べて意見をきき食い下がる努力も必要である。多くの場合、セカンドオピニオンは常識である。依頼すればデータとともにセカンドオピニオンをもらう紹介状をかいてくれるはずだ。しかし膨大であるはずの画像データを今どき使う人がいないフロッピイデイスクで渡すオンコロジストもいる。つまり画質を落として役に立たない画像データを形式的に渡すだけなのである。そういう悪徳オンコロジストがいまでも大病院に居座っている。しかしオンコロジストとの会話をちょっとだけ免疫療法に振ってみればすぐ見分けることができるだろう。彼らの権益に相反するこの療法は敵対視されることが多い。(免疫療法についての詳細は専門カテゴリに譲る。)

 

 

 

You have no rights to post comments

コメント  

 
# 太郎 2016年06月01日 11:42
企業と仲のよい先生は怪しい。病 院の中を動き回る薬会社と医療器 具メーカーの営業マンが多い病院 は要注意。補助金を考えても支払 いが成り立たない機器を購入でき る病院のカラクリはなんだろうか 。全ての病院に監査をいれるべき 。都知事より上手がごろごろいそ う。
 
Login

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.