ATM制限と生体認識

 一日あたりの個人利用のATM引き出し上限は50万円、振込は100万円となっている。ただしみずほ銀行ではICキャッシュカード、生体認証付きキャッシュカードでは100万円となる。ゆうちょ銀行でも1日当たり50万円となっているが、実はこれは変更できることはあまり知られていない。

 

 

Japanese ATM Palm Scanner

 

ATM上限を増やす方法
 ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で申し込むと、1日当たりの引き出し限度額200万円まで、引き出しの上限回数が変更できる。コンビニ銀行で便利なセブン銀行のATM引き出し上限も50万円だが、振込額上限は200万円となっていて、明らかに銀行ATMやゆうちょ銀行の初期値設定よりも高いのだ。

 つまり一度に引き出す金額はみずほ銀行でICキャッシュカード、生体認証付きキャッシュカードで100万円まで可能、振込はセブン銀行で200万円まで可能ということだ。交通事故や冠婚葬祭で急に現金の引き落としや振込が必要になることはあり得る。そんな時に銀行に行ってみると不便さを思い知らされる。

 

銀行の現金送金上限について
 マネーローンダリングおよびテロ資金供与を防止するため、「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」の施行によって、顧客の氏名、住居および生年月日等の確認などが金融機関に義務づけられた。これにより本人確認が必要となるのは①口座開設、貸金庫、保護預りなどの開始 、②200万円を超える現金・持参人払式小切手などの受払いを伴う取引 、③10万円を超える現金による振込み、となる。

 

 腑に落ちないのはATMで最大100万円まで可能なのに、現金による振込に制限(10万円)を加える理由である。本人確認だけのはずが振込先の確認に及ぶ場合がある。明らかに「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」を越えて、振込先の確認、送金人との関係、送金目的など事細かく尋問を受けることがある。また銀行によっては送金が口座間でしかできないと言われることがある。送受信データが残る口座間の電子取引を推奨はしてもそれしか許さないという理由は何か。振込先口座まで調べて確認がとれて、はじめて送金が可能となる。銀行には現金から送金をしたくない理由がありそうだ。

 

Fingerprint scanner identification

 

生体認識(バイオメトリクス)
 結論として生体認証カードであればみずほ銀行で100万円まで引き落とせ、セブン銀行で200万円までの送金が可能なのだ。これは生体認識カードで本人が確認されるということが根拠になっている。生体認識カードとはどういうものなのか。

 住基ネットに採用された手のひらの静脈による認証システムは最も確実な本人確認の手段として注目されている。富士通が開発したこの方式ではかざされた手のひらに近赤外線光を照射し、皮下組織にある静脈中の還元ヘモグロビンが近赤外線を吸収して網目状パターン(静脈パターン)から静脈地図を作成して事前に登録し、認証時に登録しておいた静脈パターンと比較照合することで本人認証を行うものである。

 生体認証の対象としては最も正確で信頼できるとされる網膜スキャンは、赤外線を照射し血管が周囲よりも光を吸収するため、網膜上の血管のパターンを測定するので、原理的には手のひら静脈スキャンと同じであるが、ATMなのには顔を近づけないで済むので、手のひら静脈スキャンが日本では大勢を占める。いうまでもなく指紋照合は最も早く実用化された生体認証である。

 

You have no rights to post comments

Login

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.