スヴァールバル世界種子貯蔵庫

 Windows OSで膨大な利益を得たビルゲイツもたまには良い事をするようだ。ノルウエイ領スヴァールバル諸島スピッツベルゲン島にSvalbard Global Seed Vaultと呼ばれる種子を冷凍保存する世界最大の貯蔵庫が2008年にビルゲイツによって運転を開始した。

 

 

1385126551 4

 世界中から集められた最大300万種の種子を-18〜20Cに保たれ、万一の停電でも永久凍土で解凍の危険はない。

 大規模で深刻な気候変動や自然災害、(植物の)病気の蔓延、核戦争、原発事故などで種の絶滅を防ぐための手段である。ノルウェー政府はこれを「種子の箱舟計画」と称し、100ヵ国以上の国々の支援を受けてビルゲイツのリーダーシップで具体化した。

 国内でも農林水産ジーンバンク(農業生物資源研究所内)があり種子の保存の努力をしている。原発事故のように特定地域での種子が途絶えた際に機能が発揮されるのは残念だが、農業関係者にとってはまさに「ノアの箱船」であろう。

 

 

 

コメントを追加

セキュリティコード
更新

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.