• Last Updated : 2017/12/13.

レギュラーコラム

放射線の真実
放射線と生物

ウィーンレポート
海外研究所便り

放射線計測
放射光/加速器科学
原子力/エネルギー
宇宙と放射線

   準レギュラーコラム

スピン軌道トルクデバイス
       2017/11/29      Hiroyuki
       -話題の科学技術
セミに学ぶ超低反射表面構造の作り方
       2017/11/7      Hiroyuki
       -話題の科学技術
新概念のダイアモンドMOSFET
       2017/10/31      Hiroyuki
       -話題の科学技術
トポロジカル絶縁体のスピン流を測定
       2017/10/19      Hiroyuki
       -話題の科学技術
グラフェンで世界最高速の光スイッチング
       2017/9/27      Hiroyuki
       -話題の科学技術

    企業情報

adfutec   seiko
 
hitachi    

政府の準天頂衛星みちびき2号機を搭載したH2Aロケット34号機が1日午前9時17分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う衛星で、来年度から高精度な位置情報が得られる4基体制で本格運用を開始する。

みちびきは電波で地上の位置を計測するための測位衛星。米国が開発したGPSは日本でもカーナビゲーションやスマートフォンなどで広く利用されているが、10メートルの計測誤差がある。みちびき4基をGPSと併用すると最小で6センチに抑えることができる。

GPS衛星が日本から離れた場所にいるときは、高層ビルなどで電波が遮られ、位置情報の精度が落ちてしまう。みちびきは日本のほぼ真上(準天頂)を長時間飛行できる特殊な楕円(だえん)軌道を周回するため、高い精度で計測できる。

2号機に続き3、4号機を年内に打ち上げ、平成22年から運用中の初号機と合わせて4基体制を構築。35年度に7基に増やし、GPSに依存しなくても誤差6センチを実現する計画だ。

高精度の位置情報は車の自動運転に道を開くほか、農作業の効率化、離島や被災地への小型無人機による物資輸送など交通や物流を中心に幅広い応用が期待されている。

米国がGPSの利用を制限すると深刻な影響が及ぶため、自国で測位衛星を構築する動きが国際的に進んでおり、日本は23年にみちびきの本格運用を決めた。

 

産経新聞

 

You have no rights to post comments

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.