100ドルのハンンドヘルド・ミューオン検出器

ミューオンは高エネルギー粒子の一般的な検出方式であるシンチレーション検出器が使われてきた。最近では高エネルギー物理以外でも透過性の強い利点を生かしてピラミッドなどの建築物や原子炉圧力容器内の透視など、宇宙線計測以外の応用も盛んになってきた。

続きを読む...

X線CTの意外な使い方〜カーボンキャプチャに貢献

スタンフォード大学キャンパスと隣接するメデイカルセンターには20台ほどのX線CTが設置されているが、内2台は地下室でエネルギー基礎科学の研究開発に使われている。

続きを読む...

2017年度ノーベル化学賞に輝くクライオ電子顕微鏡がバッテリー科学に貢献

 

2017年のノーベル化学賞は「溶液中の生体分子の構造を高い解像度で観察できるクライオ電子顕微鏡の発明」の功績で、スイスのジャック・デュボシェ氏、英国のリチャード・ヘンダーソン氏、米国のヨアヒム・フランク氏の3名が受賞した。実はクライオ電子顕微鏡は蛋白質構造解析のダークホースで、2000年以降急激に構造解析での実績が増えたことを反映している。

続きを読む...

共焦点レーザー顕微鏡の空間分解能を飛躍的に向上する方法

コーネル大学の研究グループは飛躍的に共焦点レーザー顕微鏡の空間分解能を向上する手法を開発した(Bierbaum et al., Phys. Rev. X 7, 041007, 2017)。3次元像が得られる共焦点レーザー顕微鏡は手軽にナノ構造を観測できるため、ナノ科学では必須の光学機器である。

続きを読む...

テラヘルツ帯のナノ顕微分光が開発される

ブラウン大学の研究グループは新しいナノ分光手法(Laser terahertz emission microscopy, LTEM)を開発した(Klarskov et al., ACS Photonics online October 12, 2017)。LTEMは太陽電池、IC基板を始めとする電子回路の動作や物質科学一般に役立つテラヘルツ帯の局所的分光情報が得られると期待されている。

続きを読む...

テーブルトップで光のコヒレンス制御に成功

ブラウン大学の研究グループは世界ではじめて光のコヒレンスを変化させることに成功した(Li et al., Science Advances 3: e1700133, 2017)。もちろん放射光を用いれば特定条件でコヒレンス光(X線)を発生させることは可能であるが、今回の研究は加速器を使わない表面プラズモンポラリトンを用いたテーブルトップ実験である。

続きを読む...

CTBTOシミュレーションによる太平洋の水爆の影響

 

包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)によれば、太平洋での水爆実験が北朝鮮が強行した場合の核物質の汚染シミュレーションによって、上空に舞いあげられたプルームは広範囲の地域に降り注ぐことが確かめられ、2週間で周辺に限らず広範囲にその影響が及ぶことがわかった。

続きを読む...

水素広域マッピング電波望遠鏡CHIMEでパルサー観測

カナダに建設されているCHIME(Canadian Hydrogen Intensity Mapping Experiment)は、これまでの電波望遠鏡とは一線を画している。当初の目的は水素の広域マッピングで、そのためには広帯域(400-800MHz)の電波観測によって水素密度の3次元マップを作成することである。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.