放射線計測

原子共鳴による電磁場の精密測定技術

NISTの研究グループは内部校正で精密に電界強度を測定するEIT(注1)に基づく新しい機器を開発した(J. Appl. Phys. 121, 233106 (2017))。

細胞蛍光イメージングが目指す先進癌研究と治療

標識された活性部位をタグ分子で標識化し蛍光イメージングにことにより、阻害剤の酵素活性に注目して効果を調べる手法が癌細胞の転移や治療法(薬剤開発)の研究に役立っている。

テラヘルツ時間分光が切り開くハイブリッド・ペロブスカイトの未来〜スピントロニクス・太陽光変換素子に期待

ハイブリッド・ペロブスカイト材料に着目し、太陽電池材料への応用を目指していたのは日本の太陽電池研究者であった。最近、有機・無機ハイブリッド・ペロブスカイト材料は飛躍的にスピン寿命の長い夢のスピンントロニクス材料として期待が高まっている(Nature Phys. 2017 doi:10.1038/nphys4145)。

NISTが開発した実験室X線光源による超精密物質同定システム

放射光の発展の陰に隠れがちな印象の実験室X線発生装置だが、現在でも研究所内では必要な時に使えるX線発生装置は手放せない。このたびNISTの研究グループは20年あまりにわたる地道な開発で、超精密X線物質同定装置を開発した(J. Phys. B 50 11 (2017))。

衰える太陽活動でも増大するUV-Bの謎

UV-Bとは波長280-315nmの波長域の紫外線のことで、人間の皮膚にとっては日焼けの原因であり、社会生活に影響の多い紫外線である。日焼けは色素細胞が可視部に吸収帯をもつメラニンを生成することで起こる。このUV-Bの地上への照射量はしかし0.5%にすぎず、ほとんどは大気中で吸収される。

テラヘルツポンプ・プローブ分光と極性分子の複屈折

低周波の集団的分子振動は化学反応や液体の構造緩和に強く関わることはよく知られている。これまではこのような低周波モードは非共鳴条件での光学パルス手法で研究されてきたが、間接的なプローブで得られる知見では踏み込んだ議論ができなかった。このほどフリッツハーバー研究所の研究グループは、高強度テラヘルツ光による共鳴的に非プロトン系極性分子の秤動モード回転(注1)励起し、ポンプ・プローブ分光実験が過度的な極性分子運動を直接的に調べることができることを示した。

暗黒物質に挑む粒子検出器SuperCDMS

PNNL(Pacific Northwestern National Laboratory)は米国エネルギー省管轄の国立研究所で、職員4,000人がエネルギー、環境、ソフトウエア、サイバーセキュリテイなど多岐にわたる分野の研究開発を行なっている。PNNLはその名前が示すように西海岸北部(ワシントン州、オレゴン州)ではよく知られた研究開発の拠点なのだが日本ではあまりよく知られていない。ワシントン州にはかつて核兵器施設があった。PNNLはハンフォードと深いつながりがある。

高空での放射線の影響を調査するRad-X

放射線の被曝リスクの例として高度の高い地域に住む民族や、成層圏を毎日飛行する旅客機のパイロットの被曝リスクが取り上げられる。宇宙線の影響である。実際に携帯放射線測定機器を持ち込んで搭乗すると高高度における放射線量の上昇が確認される。

Login

スポンサーサイト

最近のコメント

  • ホンダジェット成功の秘密
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 高速増殖炉は何故うまくいかないのか
  • 放射光リングの持続性について〜加速器の経済学
  • 放射光リングの持続性について〜加速器の経済学
  • 癌完全治癒に向けてのオンコロジストのメッセージ
  • ヘリウム危機で早まるか高温超伝導の実用化

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.