テトラクオークは存在するか

老兵は死なずと言われるように役目を終えて後継の施設に道を譲りひっそりと消えていくのが巨大な衝突型加速器である。しかしフェルミラボのLEPができる前まで、世界最大の円形加速器であったテバトロンはちょっと違った。引退したと思われていたそのテバトロンが、再び素粒子科学の最前線に立ったのだ。

続きを読む...

標準理論(モデル)を揺るがすLHCb実験

LHCのATLAS、CMS実験によって観測された750GeVのピークの起源についてヒッグスボソンより質量が大きい新素粒子である可能性が憶測を呼んでネットを賑わせている。LHCの別の検出器LHCb(LHC-beauty)がB中間子(メソン)(注1)の崩壊過程が標準理論の予測と外れることを見出した。ATLAS、CMS、LHCbが定説を覆しそうだ。

続きを読む...

確度が高まるLHCの新粒子発見

素粒子の世界では加速器のエネルギーフロンテイアが新粒子発見の最先端である。エネルギーフロンテイアはすでに世界最大の円形加速器LHCを最後に2016年に破綻がはっきりしたムーアの法則と同じように、躍進の時代は過去のものとなった。現在のエネルギーフロンテイアにあるアップグレード後のLHCの13TeVに続く、次世代加速器は直線加速器(ILC)となるがエネルギーフロンテイアとは異なる次元の加速器となると考えられている。素粒子物理を支えてきた標準理論(モデル)根底から揺るがす新粒子の兆候がLHCからもたらされた。

続きを読む...

標準理論の終焉となる2016年

様々な科学技術分野で2016年が展開点となりつつある。1960年代後半から限界を迎えることなく続いてきたムーアの法則も終焉を迎えることとなった。終焉が噂されてきたこの法則に終わりが来たことをついにインテルを含む半導体メーカー各社が認めたのである。

続きを読む...

放射光加速器の輪廻〜直線加速器と蓄積リング

放射光は相対論的速度の電子が(多くの場合)磁場中で運動方向が変わる(曲がる)際に放出される光子束である。電子を曲げた際に失われたエネルギーをRF空洞によって補えば、ドーナッツ状のトンネルの中を一定数のバンチと呼ばれるパケット中の電子が周回し続ける。(実際には電子が残留気体と衝突して消滅したり電子相関によるロスもあるので余分にエネルギーを補充しなくてはならないが)電子を増やしたり蓄積して「安定な光源」となる。

続きを読む...

新しい科学技術の評価〜経済効果(英国科学技術施設協議会の場合)

科学技術を論文のインパクトファクター(IF)の総計で評価するのは過去の時代になりつつある。社会が科学技術に対して要求するのは様々な問題を含むインパクトファクターではなく、実際に社会への貢献度を評価する経済効果(Economic Impact)に変わりつつあるからだ。筆者はアカデミズムの世界に魅力を感じて育ったので、経済効果で研究開発を評価するということはピンとこないのだが、現実にはEIで研究予算が決まりプロジェクトの成果が評価されている。

続きを読む...

公開されたKEK-ILCアクションプラン

2016年1月6日にKEK-ILCアクションプラン・ワーキンググループからアクションプランがウエブ公開された。ウエブからダウンロードできるこの資料の概要と1月7日にKEKで開催された第33回リニアーコライダー計画推進委員会にオブザーバーとして参加した印象をまとめた。

続きを読む...

LHCが新しいヒッグスボソンの兆候を発見

周長27kmで世界最大の円形加速器LHCが、陽子衝突エネルギーを当初の倍となる14TeVにパワーアップした。LHCは新シーズンの実験で早くも新しいヒッグス粒子(注1)の兆候をみいだした。LHCに設置してある複数の検出器のうちのATLAS(注2)とCMS検出器で予想外の巨大な特異点を示すデータが得られた。

 

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.