LHCが新しいヒッグスボソンの兆候を発見

周長27kmで世界最大の円形加速器LHCが、陽子衝突エネルギーを当初の倍となる14TeVにパワーアップした。LHCは新シーズンの実験で早くも新しいヒッグス粒子(注1)の兆候をみいだした。LHCに設置してある複数の検出器のうちのATLAS(注2)とCMS検出器で予想外の巨大な特異点を示すデータが得られた。

 

続きを読む...

試練を迎える加速器科学

 加速器と一口にいっても衝突実験から医療用まで多岐にわたる。速器の種類や規模はその目的に応じて大きく異なり、一括りにした説明はできない。それぞれの分野で先端技術が投入され性能は「ムーアの法則」に沿って向上して来た。しかし同時に大型化、複雑化したため建設・維持コストも高騰していくと、これまでのような国の予算化が困難な状況に陥る恐れがある。

続きを読む...

超伝導空洞は加速器の心臓

世界最大の円形加速器といえば周長27km、エネルギー13TeVでどちらも世界最高のLHCが有名だが、加速のメカニズムである粒子を加速する超伝導空洞はその心臓ともいうべき加速器の主要な構成要素のひとつである。

続きを読む...

LHCのもう一つの顔—ALICE

CERNの世界最大の円形加速器LHC(Large Hadron Collider)が陽子衝突実験でアップグレードによってこれまでの最大エネルギーを倍の13TeVに増大して、新たに衝突実験を開始したことは伝えた。実験の目的が暗黒物質(Dark Matter)と呼ばれる宇宙空間にある未知の物質の解明を通して標準模型を超えた新しい理論体系を構築するためのものである。

続きを読む...

日本の放射光施設の危機

放射光大国であった我が国の放射光施設の未来に暗い影がさしている。Spring-8の建設以来、老朽化しつつある国の共同研究施設に対して更新や新規の設備投資がなされていないのである。

続きを読む...

カミオカは先端科学のホットスポット

カミオカ(神岡)といえばニュートリノ観測のために建設されたカミオカンデ(現在はカムランド)(注1)や現在の研究の主力であるスーパーカミオカンデが有名である。

続きを読む...

大型加速器分野で中国の躍進はあるか

ILC(International Linear Collider)のスペックと意義を復習すると以下のようになる。おおまかには全長約30キロの線形加速器でCERNの世界最大の円形加速器(LHC)のアップグレードの先にあるエネルギー加速器。日本は誘致に名乗りを上げ北上山地に50kmまでのトンネルが建設可能であることから岩手県が積極的に誘致活動を行っている。

続きを読む...

CERNが新素粒子発見

エネルギーを上げるアップグレードのため27カ月に渡り休止していたLHC(Large Hadron Collider)が13TeVという2倍のエネルギーで再稼動を始めた(注1)ばかりだが、2015年7月14日、4台のメイン検出器のひとつであるLHCb研究グループがペンタクオークと呼ぶ新素粒子を発見した。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.