放射光/加速器科学

異色の高輝度光源PETRAIIIの実力

世界的な3GeV光源の建設ラッシュと建設が遅れている日本の3GeV光源の「もつれ」については先に記事を書いたが、現在でも解決する気配が見えない。このまま日本の放射光が世界の先端から消えていくのか不安が募る。

アンジュレータ設計思想の変遷

ESRFのアンジュレーター(u35)設計思想は次の3点に要約できる。

・ X線分光(吸収・発光)に最適化する前提

・ Tender x-ray(2-7 keV)を1次光でカバー(実際には2.2-8.5keV)(注1)

・ 3次光で21keVまでをカバー(注2)

3GeV光源のもつれの原因〜軟X線光源についての再考察

3GeV光源としてSLiT-Jを選択すべきなのか、それとも3GeV-KEKにすべきなのか、混沌とした状況が続いている。混乱するときには発端に立ち返ると見通しがよくなることがある。そもそも「何故3GeV光源が必要か」という原点は「日本の放射光の軟X線光源の弱さ」にあったはずである。

加速器新技術によるコンパクトX線光源〜その3 : 高次高調波発生(HHG)

放射光の加速器科学は短パルス性とコヒーレンス、高輝度の追求でレーザーを目指してしているといわれる。確かにXFELを契機として赤外から紫外線領域まで革命的なテーブルトップ光源としてレーザー光の成し遂げてきた功績なしに我々の社会は成立しないといっても過言ではない。またXFELの短波長限界も直線加速器とアンジュレーター技術の組み合わせで硬X線領域にまで拡張された。コヒーレンスと短パルス性を特徴とする将来のテーブルトップX線光源として期待されるレーザー・ウエークフイールド、逆コンプトン散乱を取り上げたが、今回は高次高調波発生(HHG)について簡単に紹介したい。

フォトンイン・フォトンアウト分光と3GeV光源

これまで何度か取り上げてきたように「3GeV光源」のもつれはまるで「もんじゅ」の将来のように文科省に重くのしかかる。SLiT-Jの根拠は各国が建設中の3GeV光源により軟X線領域の日本の放射光源が弱体化したこととそれを補う緊急性にあった。確かに輝度の比較をみせられればそういう認識を持たざるを得ないだろう。財政難ではあるが産業利用で東北復興拠点となることから目をつぶって300億円を投入したい気持ちも良くわかる。

加速器新技術によるコンパクトX線源〜その2: 逆コンプトン散乱

MITのGraves、Monctonらの研究グループやSLAC、DESYなど世界各国の加速器研究者が真剣にコンパクトX線光源の開発に取り組んでいる。MonctonはかつてAPSの所長として高エネルギー放射光に取り組んできた大型X線光源の研究者である。

「3GeV放射光」のポテンシャル〜止まない雨はない

ナノ科学の強力なツールとして注目を集める「3GeV放射光」だが、不幸なことに競合するふたつの計画をめぐる混乱で、見通しが立たない状態が続いている。3GeV放射光の特徴は何と言っても軟X線領域の光源強度と程エミッタンスで〜100nm程度のマイクロビーム(厳密にはサブミクロンビーム)が容易に実現できることであろう。ではなぜ軟X線なのかといえばやはり最近、急速に発展してきたフォトンイン・フォトンアウトと呼ばれる高エネルギー分解能X線発光分光法の与える情報量の豊富さにある。

加速器新技術によるコンパクトX線光源〜その1: レーザー・ウエークフイールド

加速器というとLHCのような巨大な施設を誰でも思い浮かべる。最先端のX線光源である放射光やX線レーザー(XFEL)もそうだ。しかし加速器技術の発展によりGeVクラスの加速器が9cm程度の加速官におさまり、レーザーと組み合わせることでテーブルトップのX線光源が実用化されようとしている。

Login

スポンサーサイト

最近のコメント

  • ホンダジェット成功の秘密
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 高速増殖炉は何故うまくいかないのか
  • 放射光リングの持続性について〜加速器の経済学
  • 放射光リングの持続性について〜加速器の経済学
  • 癌完全治癒に向けてのオンコロジストのメッセージ
  • ヘリウム危機で早まるか高温超伝導の実用化

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.