海外研究所便り

DESY滞在記ー航空会社のストにあう、の巻

 先日、ドイツ電子シンクロトロン(Deutsches Elektronen- Synchrotron;DESY)に滞在する機会がありました。ハンブルグ空港からDESY までタクシーで20 分程度という、実験施設としては、素晴らしくアクセスの良い場所にあり、私のようなドイツ以外からの研究者にとって大変ありがたいことです。

ウクライナとエネルギー問題

ウクライナ問題は混迷しており、欧州では現在連日ニュースになっている。

イタリアではガスエネルギーの大部分をロシアからのパイプラインに頼っているので大きな問題だ。

フラスカーティ国立研究所

1982年にイタリア フラスカーティにある核物理研究機構(INFN)のLNF研究所に於いて、記念すべき第一回XAFS国際会議が開催された。この会議はXAFSの発展の歴史を語る上で外す事の出来ないものである。2012年には北京で第15回XAFS国際会議が開かれた。第一回の参加者は多くの方々がその後XAFS研究を牽引して行く事となった。 京都教育大の元学長の村田隆紀氏が唯一の日本人として参加した。

ヨーロッパの研究所にて

インペリアルカレッジIRC、マックスプランク研究所(シュツットガルト)、ESRF、および CNRS(グルノーブル)の印象を報告する。詳しくはレギュラーコラムに紹介されると思うのでここでは、私の印象を手短にかいてみることにする。ヨーロッパを代表する研究所であるがそれぞれが個性的であり同時に科学に対する共通のカルチャーを持っている。残念ながらEU諸国の経済格差が広まりつつあるが、それらを是正しセーフテイネットとして機能していたEUにも影が見え始めている。

イタリア麺紀行 - viva! スパゲッティ

今回はイタリアで生きて行く上で重要となって来るパスタ(麺類)についてご紹介して行こうと思う。イタリア人は個人主義が行き届いているので、だれもがパスタ好きというわけでもなく、パスタ嫌いもまま居る。また、小麦アレルギーの人達は最近出て来た米のパスタ、ダイエット中の人は雑穀パスタを食べている。

世界コーヒー紀行--イタリア編

本コラムでは、私が長年(干支一周期分)研究で滞在している南欧(イタリア、スペイン、フランス)について書いて行こうと思う。特に研究事情、そして彼等の生活にとって切っては切れない食事、そしてそれらの裏に流れる国民性を紐解いて行こうと思う。

Login

スポンサーサイト

最近のコメント

  • ホンダジェット成功の秘密
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 高速増殖炉は何故うまくいかないのか
  • 放射光リングの持続性について〜加速器の経済学
  • 放射光リングの持続性について〜加速器の経済学
  • 癌完全治癒に向けてのオンコロジストのメッセージ
  • ヘリウム危機で早まるか高温超伝導の実用化

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.