南欧における事務作業

事務作業はそれを専門の仕事にしている人以外にとっては往々にして苦痛である。日本で役場などでたらい回しになる事があるが、自分が長年住んでいる伊仏西に比べれば些細なことである。もっと酷いであろうことは想像に難く無いであろう。最近では日本政府の無責任な過剰博士政策により、多くの期限付き博士研究員達(ポスドク)が海外に職を求めて渡航し、深刻な頭脳流出を招いている。将来に不安を抱えた彼等に少しでも役に立てばと思い、伊、仏、西国について、自分の体験に基づいた印象を挙げて見ようと思う。

続きを読む...

DESY滞在記ー航空会社のストにあう、の巻

 先日、ドイツ電子シンクロトロン(Deutsches Elektronen- Synchrotron;DESY)に滞在する機会がありました。ハンブルグ空港からDESY までタクシーで20 分程度という、実験施設としては、素晴らしくアクセスの良い場所にあり、私のようなドイツ以外からの研究者にとって大変ありがたいことです。

続きを読む...

ウクライナとエネルギー問題

ウクライナ問題は混迷しており、欧州では現在連日ニュースになっている。

イタリアではガスエネルギーの大部分をロシアからのパイプラインに頼っているので大きな問題だ。

続きを読む...

フラスカーティ国立研究所

1982年にイタリア フラスカーティにある核物理研究機構(INFN)のLNF研究所に於いて、記念すべき第一回XAFS国際会議が開催された。この会議はXAFSの発展の歴史を語る上で外す事の出来ないものである。2012年には北京で第15回XAFS国際会議が開かれた。第一回の参加者は多くの方々がその後XAFS研究を牽引して行く事となった。 京都教育大の元学長の村田隆紀氏が唯一の日本人として参加した。

続きを読む...

ヨーロッパの研究所にて

インペリアルカレッジIRC、マックスプランク研究所(シュツットガルト)、ESRF、および CNRS(グルノーブル)の印象を報告する。詳しくはレギュラーコラムに紹介されると思うのでここでは、私の印象を手短にかいてみることにする。ヨーロッパを代表する研究所であるがそれぞれが個性的であり同時に科学に対する共通のカルチャーを持っている。残念ながらEU諸国の経済格差が広まりつつあるが、それらを是正しセーフテイネットとして機能していたEUにも影が見え始めている。

続きを読む...

イタリア麺紀行 - viva! スパゲッティ

今回はイタリアで生きて行く上で重要となって来るパスタ(麺類)についてご紹介して行こうと思う。イタリア人は個人主義が行き届いているので、だれもがパスタ好きというわけでもなく、パスタ嫌いもまま居る。また、小麦アレルギーの人達は最近出て来た米のパスタ、ダイエット中の人は雑穀パスタを食べている。

続きを読む...

世界コーヒー紀行--イタリア編

本コラムでは、私が長年(干支一周期分)研究で滞在している南欧(イタリア、スペイン、フランス)について書いて行こうと思う。特に研究事情、そして彼等の生活にとって切っては切れない食事、そしてそれらの裏に流れる国民性を紐解いて行こうと思う。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.