低線量放射線の生体影響は、良い影響なのか、悪い影響なのか

放射線業務従事者はあまり被ばくしていないに対するToshiさんのコメントへの返信として書こうとしましたが、長くなりすぎて、投稿できませんでした。内容としてそぐわないかもしれませんが、コラムとして投稿するのをお許しください。

続きを読む...

放射線業務従事者はあまり被ばくしていない

放射線業務従事者の被ばく限度は5年間で 100 mSv、1年間で 50 mSvとなっています。ICRPの見積による発がんリスクは、1 Sv あたり 5% の割合で癌死が増えるとされていますから、100 mSv では 0.5 % の人が普通の状態より余計に癌で死ぬということになります。癌は全死因の3分の1から2分の1に達するとのことですから、これに比較すれば十分に少ないように思われますが、そのような考えは、通用しないようです。

続きを読む...

低線量の生体影響はあるのかないのか


 初めまして。今日は、大胆にも、低線量の生体影響はあるのかないのかという大問題に答えを出したいと思います。

 「毎時100ミリシーベルト以下ならば放射線の影響は、まったくない。」あるいは、「10ミリシーベルト以下ならば・・・。」、「1ミリシーベルト以下ならば・・・。」、と言い切る人たちがいます。 何の根拠があるのでしょうか。

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.