原子力/エネルギー

遺伝子テストでわかる放射線損傷度

 遺伝子テストで瞬時に被曝で受けた損傷を評価する技術が開発された。開発した研究グループによれば、血液に含まれる遺伝子を調べて被曝によるダメージ、そして余命が瞬時にわかるという。

Windscaleの悲劇から何を学ぶか

 核開発がアメリカの独壇場となりかけていた頃、ソ連の脅威をより身近に感じていた英国がマンハッタン計画に協力したことで、アメリカと核開発の権利を共有したと考えたが、それは裏切られた。それを救った一人の物理学者ウイリアムペニーについては記事をかいた。

セシウムボール

2014年12月21日、NHKEテレ で、サイエンスZERO、シリーズ 原発事故(13) 「謎の放射性粒子を追え!」が放送されました。
「謎の放射性粒子」とは、放射性セシウムを含んだ微小なガラス状物質で、「セシウムボール」とよく呼ばれています。

九州の電気は太陽光発電でまかなえる?

九州電力が再生可能エネルギー発電の買い取り受付を中断したようです。
http://www.kyuden.co.jp/rate_purchase_index.html
この中でリンクされている pdf 資料、「九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留について【詳細説明資料】」

http://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0045/3714/we24tq6gr.pdf

を見ると、太陽光発電の発電量が夏のピーク需要(全体の需要)を上まっていると書いてあります(2ページ)。

福島第一原子力発電所事故の放射能汚染は日本中に及んでいる

–事故から3年以上たった今では、このようなことを言っても、気の抜けたサイダーのように、甘さの目立った、何の刺激もない話だと受け取られるかもしれません。そして、深刻な現実であるとは気づきにくいように思います。

染色体異常のできかた

低線量の生体影響はあるのかないのか」で、「核に荷電粒子が1個あたったときに発生する染色体異常の頻度」は、LETの2乗に比例すると述べました。このことの意味を考えるために、染色体異常はどのようにしてできるのだろうか、ということをまずは検討してみたいと思います。

生物に放射線障害を引き起こすのは電子である

多くの人の期待もむなしく、現実にはどんな低線量でも生体影響があります。染色体異常というような大きな変化、細胞を殺しかねないこともおこります。いったいどうしてなのでしょうか。生体分子に変化を与えるためには、一定以上のエネルギーが必要なはずです。ごくごく低線量の放射線では、細胞に与えられるエネルギーも小さいはずだから、生体影響はおこらないのではないでしょうか。もし少し大きなエネルギーによって生体分子に変化が起きても、少しのダメージならば、細胞に備わった修復機能によって元通りになってもいいのではないでしょうか。

汚染土仮置き場


福島第一原子力発電所事故による汚染地域の汚染土仮置き場の現状を報告します。

Login

スポンサーサイト

最近のコメント

  • ホンダジェット成功の秘密
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 「もつれた」3GeV光源の行方とそのリスク
  • 高速増殖炉は何故うまくいかないのか
  • 放射光リングの持続性について〜加速器の経済学
  • 放射光リングの持続性について〜加速器の経済学
  • 癌完全治癒に向けてのオンコロジストのメッセージ
  • ヘリウム危機で早まるか高温超伝導の実用化

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.