浮体式洋上風力発電

福島県いわき市の小名浜港で22日、海に風車を浮かべる「浮体式」では世界最大の出力となる、7千キロワットの洋上風力発電設備が披露された。経済産業省の実証研究事業で、丸紅や三菱重工業など10社1大学が手がける。12月から沖合で実証運転を始め、早期の実用化をめざす。

風車部分には長さ約82メートルの翼が3枚あり、翼が垂直になった状態での海面からの高さは189メートル。50階建て前後の超高層ビルに匹敵する。上から見てL字形に組んだ「浮体」のうえに風車を固定した状態で船で移動させ、沖合約20キロの地点で発電し、海底ケーブルで電気を地上に送る仕組みだ。約6千世帯分の電気がまかなえるという。

 

朝日新聞デジタル

 

You have no rights to post comments

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.