風力+太陽光が2040年に石炭火力を超える

Bloomberg New Energy Financeが6月12日に発表したエネルギー市場の将来予測「New Energy Outlook(NEO)2016」によると、全世界で風力発電と太陽光発電の拡大が今後も続き、2040年には石炭火力を抜いて最大の電力源になる。2016年と比べて年間の発電量が約7倍に増えて10兆kWh(キロワット時)を超える見通しだ。天然ガス火力の約2倍、原子力の約3倍の電力を供給する。

NEO 2016では電力・エネルギー市場の注目すべき変化をさまざまな観点から予測している。第1に石炭と天然ガスの長期的な価格下落である。それぞれ2016年にはピーク時と比べて2分の1以下の価格に下がっているが、さらに今後も石炭が33%、天然ガスが30%下落する。これに伴って火力発電のコストも低下していく。

第2の予測は風力と太陽光の発電コストが大幅に低下することである。陸上風力の発電コストは2040年までに41%、太陽光は60%も下がる見込みだ。欧米では風力が40米ドル/1000kWh、太陽光が50米ドル/1000kWh前後になる。現在の為替レート(1米ドル=105円)で計算すると、1kWhあたり風力は4円程度、太陽光は5円程度で発電できる。2030年代には世界の大半の国で最も安い電力源になると予測している。

再エネの投資額は火力+原子力の2倍以上

新たな電力源に対する投資の動向を見ても、風力と太陽光を中心に再生可能エネルギーが全体の7割を占める。2016~2040年の累計で再生可能エネルギーの投資額は7.8兆米ドル(約820兆円)にのぼり、火力と原子力を合わせた投資額の2倍以上になる。これが第3の予測である。

 

スマートジャパン

 

You have no rights to post comments

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.