風力発電 能力が原子力上回る

世界の風力発電の発電能力が2015年末に14年末比17%増の4億3242万キロワットに達し、初めて原子力の発電能力を上回ったことが、業界団体「世界風力エネルギー会議」(GWEC、本部ベルギー)などの統計で明らかになった。15年に新設された風力発電は6301万キロワットと過去最大で、原発約60基分に相当する。発電コストの低下や信頼性向上を実現し、東京電力福島第1原発事故などで停滞する原発を一気に追い抜いた形だ。

日本は発電能力、新設ともに20位前後で、出遅れが鮮明になった。GWECは「風力発電は化石燃料からの脱却を主導している。世界で市場拡大の動きがあり、16年はより多様な地域で導入が期待できる」としている。

「世界原子力協会」(WNA、本部・英国)によると、原子力の発電能力は16年1月1日時点で3億8255万キロワットで、風力を5000万キロワット程度下回る。国別の風力発電能力の上位5カ国は中国(1億4510万キロワット)▽米国(7447万キロワット)▽ドイツ(4495万キロワット)▽インド(2509万キロワット)▽スペイン(2303万キロワット)。日本は304万キロワットだった。

15年に新設された風力発電も、中国が最も多く3050万キロワットだった。米国(860万キロワット)、ドイツ(601万キロワット)、ブラジル(275万キロワット)、インド(262万キロワット)と続き、上位4カ国は自国の年間記録を更新した。ドイツでは4割近くが洋上風力発電だった。日本の新設は25万キロワットで、前年の13万キロワットより増加したが、小規模にとどまっている。

 

毎日新聞

 

You have no rights to post comments

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.