世界初の原子炉メガフロート

 ロシアの副大統領Dimitry Rogozinによるとロシアは世界初となるメガフロートを開発した。メガフロートといっても浮かぶ原子炉である。2016年10月から北極で使用されるというこの原子力メガフロートは進水式を終えたばかり。なんとも不細工な格好だが最新式の技術が詰まっている。

続きを読む...

英国原爆の父ーウイリアムペニー

 来日したメルケル独首相が東京都内で講演を行い、ドイツが過去のナチスによる残虐行為の犠牲者となった近隣諸国と和解したように、日本も「歴史に向き合う」べきだとコメントした。同じく「教科書問題」を抱える国としての忠告だろうか。

続きを読む...

Liの話題−物理学者の計算違いで生じた被曝

リチウムは安定な同位体6と7があり存在比はそれぞれ7.5%、92.5%となる。放射性同位元素も8種存在する。リチウムはz=3のアルカリ金属筆頭で酸化還元電位が最も低いため、リチウムバッテリーの原料として欠かせない。いまではほとんどの人がお世話になっている貴重な元素のひとつである。

続きを読む...

イリジウム192の話題

イリジウムの安定同位体は191と193で192は放射性同位体、半減期は73.83日でβ崩壊により192Ptとなる。

続きを読む...

ビキニ珊瑚礁の住民帰還に関するIAEA報告書

ビキニ珊瑚礁はマーシャル諸島にある美しい景観で知られるが、その世界遺産登録は「残すべき景観」に対してでなく、「負の遺産」としてのものである。1946年から1958年までアメリカはこの南海の楽園で23回にわたって核実験を行なった。

続きを読む...

EPR(欧州加圧水型炉)に危険信号

EPR(European Pressure Reactor)は第三世代加圧水型原子炉でAreva社、Electricite de France(フランス電力)、Simens社が開発した、最新型原子炉でフインランド、フランス、中国、英国で建設が進んでいる。下の図はEPR模式図

続きを読む...

免疫細胞を増強する新しい蛋白の発見

"The protein LEM promotes CD8+ T cell immunity through effects on mitochondrial respiration"という論文がSciece DOI:10.1126/science.aaa7516に掲載された。

続きを読む...

空港セキュリテイから姿を消す後方散乱X線スキャナー

 空港の手荷物検査ではX線透過型のスキャナーが活躍している。密度のコントラストは段階にわけてカラリングされるから、金属やプラスチックなど材質ごとに形態が確認できる。  

続きを読む...

スポンサーサイト

Copyright© 2013.   放射線ホライゾン rad-horizon.net   All Rights Reserved.